リンク集: ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計 スーパーコピー スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー コンテンツへスキップ

第106回薬剤師国家試験の難易度と講評~いよいよ本年度の国家試験から、完全相対評価に移行。来年度は新カリキュラムの2年目で激しく難化する可能性が高し。だんだん外堀を埋められてきていますね。。。~

本年度の国家試験は完全相対評価に移行した初年度でした(昨年度までは65%を得点したものは基本的には合格)

昨年と比較した難易度でいうとやや易化、例年と比較すると同程度の難易度であったと言えるでしょう。

完全相対評価ということもあり、現時点での合格ボーダーは不明ですが、本年度のように大きく傾向が変化した年度である第97回(6年制薬剤師国家試験初年度)と比較すると、得点率は約10%低下(77.8%矢印右68.4%)しており移行初年度で比較すると大きく難化していると言えます。また今年の特徴としては新型コロナウイルス感染症の流行に伴った、消毒薬やマスク、換気に関する問題も出題されました。

■必須
全体的な難易度は例年通りでしたが、特に物理に関しては実験機器やパラメータ等の研究活動を通して習得できる知識を問う問題も出題されており、難しく感じた学生も多かったと思います。また薬剤学の特に製剤分野に関しては、実務に近い形の問題が数問出題されたため、手が止まってしまう学生もいたかもしれません。衛生、薬理、病態、法規、実務に関しては例年通りの対策で対応が可能な程度の難易度であったと考えます。必須予想平均得点率は82%であり昨年の79%と比較するとやや易化していますが例年(約80%)と比較すると同程度の難易度であったと思います。しかし大規模移行年度である第97回の88%と比較すると本年度は82%となっており難化傾向が見られます。

■理論
例年通り難易度は高く、積極法ではなく、消去法で正解を導く必要があるため広く深い知識が必要であったと思います。特に物理では定量問題、図を用いた平衡問題等が出題され苦戦した受験生も多いと思います。また生物では実験問題を出題されており、知識だけでなくその知識を応用する力が必要でした。病態に関しては、遺伝子治療などの近年ホットな領域に関する設問があり、年々新しい領域の問題が出題される傾向があると感じます。法規、衛生、薬理、薬剤に関しては例年通りの対応で合格に必要な特典は可能であったと思います。理論予想平均得点率は59%であり昨年の60%や例年の約60%と比較すると同程度の難易度であったと思います。しかし大規模移行年度である第97回の74%と比較すると本年度の得点率59%は難化傾向が見られます。

■実践
実践問題の傾向は昨年度国家試験と同様に、まさに実践といえる問題の連発でした。また1つの症例に関して問1の答えを用いて問2、3を解く問題も多かったため、問1を間違えてしまうとそのあとの問題も間違えてしまう状況に直面したと思います。逆に言えば問1の解答が分からない場合に問2、問3の選択肢をヒントとして問題を問いたり、解答をあえて分散させることで得点の増加や失点の減少を抑えるというテクニックを用いることも可能です。いずれにしても相当量の知識を有している必要があるので、日々の勉強や病院等での実習での経験を通した知識の習得、またそれらの知識を問題に応じてうまく繋ぎ合わせるトレーニングが必要です。実務予想平均得点率は66%であり昨年の62%と比較するとやや易化、例年の約65~70%と比較すると同程度の難易度であったと思います。しかし大規模移行年度である第97回の77%と比較すると本年度の得点率66%は難化傾向が見られます。

■まとめ

先述しましたが、昨年と比較するとやや易化、例年と比較すると同程度の難易度であり、第97回と比較すると大きく難化していると言えます。また、大規模移行が行われた次年度は更なる難化が予想されます。本年度の傾向的にも昨年と同様に教科書的な知識だけでは通用しない問題が多々見受けられました。これは、臨床現場が即戦力となる薬剤師を求めている証拠です。この問題を乗り越えるためには日々の教科書的学習はもちろんのこと、それらの知識をうまく繋ぎ合わせ効率的に解答を導き出すトレーニングが必要です。また、【百聞は一見に如かず】という言葉があるように病院や薬局の実習で実際に見て、学んだことは定着しやすく実務系の問題を解答する上での大きな武器となります。上記のアドバイスでは教科書的暗記の勉強法を否定したいのではなく、それらの知識をベースとした更なる能力向上が必要であるということをお伝えしたいのです。知識不足の状態で応用問題に挑戦しても正解を導くことができませんし、充実した病院薬局実習を行うことは出来ません。このようにやはり薬剤師国家試験の最重要事項は知識の定着です。早期の定着を図り様々なタイプの応用問題に挑戦することで臨機応変に解答を導き出す力を伸ばすことができると思います。