リンク集: ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計 スーパーコピー スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー コンテンツへスキップ

愛知学院(薬学部)4年の総合演習の日時が迫ってきました。これはCBTが今年度は、12/11日に実施され、翌週の12/18日に実施されるものです。CBTよりも、はるかにレベルが高く、CBTが合格しても、何年も落としてしまい、留年する生徒がいるものです。アイファでは、総合演習対策の方は、前期(4月)に募集して、1年かけて応用力を育成します。11月現在では、最終段階で、当予備校のオリジナル予想問題テストを受けています。国試の問題を応用したものです。当塾での模擬試験も、4月から8回実施してきていますが、全員合格点を余裕を持ってパスしています。現在に至るまで、学院の総合演習対策で入塾した生徒さんを、入塾させて落としたことはありません。お蔭様で、近年では、大学側から勧められて、当予備校に入塾する生徒も増えました。今年も全員合格を確信しています。試験結果が楽しみです。

アイファへの問い合わせが、関東地方からも増えています。オンラインで受講されている方も多いですが、マンツーマンスタイルの個別指導を受けたいという声が高まり、2019年の11月9日から、横浜校をスタートします。横浜校は、横浜駅から徒歩5分の交通至便な場所にあります。アイファは、生徒目線で、通いやすい、非常に交通至便な場所に校舎を出します。

これで、アイファは関東地方にも、アクセスするようになりました。現在のところ、大阪校→名古屋本校→横浜校となりました

今後、薬学部生のサポートの需要はさらに高まると思われます。薬剤師国家試験の難易度は上がるのみ、進級も同じです。2019年から国試が完全相対評価に切り替わり、国試も2、3年目になると、大きく難化する可能性があります。

11月中は、横浜校は、移行期間中で、電話は申請中ですので、ありませんが、ご希望があれば、名古屋校・大阪校にお問合せ下さい。

関東地方の、より多くの薬学部の学生の力強いサポートをしたいと思っています。

京都薬科2年の例年の人数は360人程度です。しかし今の2年はなんと400人もいます。普通2年は360人程度で、留年数が50~70人程度。ということは、単純計算すると、今の2年次の留年数予想は90~110人なりますが、さすがに、それは行き過ぎなので、2年と3年で分割する考えの可能性があります(もしかしたら、2年を多めに落として、3年を減らすかもしれません。そうすると、2年次は30名+(80~100名!)、3年次は10名+)。そうすると、2年、3年でそれぞれ+20人にすることになります。いつもの2年の留年数が、50~70人の留年数ですから、2年次、3年次の留年数が70~90人というところでしょうか?もしかしたら、2年は30+で、80~100名かもしれませんが。。。

いずれにしても、過去最高の留年数になることは、避けようがないでしょう。かわいそうですが、入学するタイミングが悪かったとしか言いようがありません。

大阪薬科は、今の1、2年と新カリキュラムになっています。当然2年が最も進級が厳しい学年になります。

しかし大阪薬科が新カリキュラムになって、始めた変更点はえげつないものがあります。

確かに旧カリキュラムでは全教科をパスしないと進級できなかったのが、5教科までは、持ち越しはできるようになりましたが、変更点がえげつなすぎ、とても対応できないと思われます。

本試で30点以下は、再試を受けれない・・・これが最も厳しい変更点でしょう。これは上の学年までは、つまり旧カリキュラムでは、0点でも再試を受けることができたわけです。それが2年から、30点以下だと再試を受けることができない。。。もし本試で30点を得点できるならば、再試では確実に受かるわけです。特に後期は試験を挟んで、成人式があるので、上の学年までは、0点で再試を受けることができました。それがこの2年から不可能になりました。どうするのでしょう?

授業出席の代筆は不可能になった・・・出席も特別スタッフが1人1人学生証をチェックして回るようになった。もう代筆などは使えなくなった。5回欠席すると試験を受けれない。これで結構、落単する生徒が増えている。代筆自体は、もちろんよくないことですが、教科数は多すぎるため、本当にまともに全ての授業に出ていたら、間違いなくパンクします。しかしもうごまかせません。

定期試験の過去問がオンラインで出るようになったため、教授たちは、傾向を変えなくてはならなくなった・・・保護者の方からのリクエストで、こうなったそうですが、本当に愚かなことをしてくれました。オンラインで公になると、問題を作り変えなくてならなくなります。教授たちは、本来は問題傾向を大きく変えたくありません(教授には、研究が本業であり、教えるのは義務だからです。)過去問は、裏で取引している分には、教授たちは知らないふりをして、そう傾向が変わらない問題を出せたわけです。教授たちは、研究が忙しい中、オンラインで公になったので、仕方なく、問題傾向を変えなくならなくてはなりました。彼らは、間違いなくイラついています。そうすると、本質をより問うような問題傾向にしてくる可能性が大です。オンライン公開で唯一いいのは、過去問の解答を教授が出すようになったことぐらいでしょう。3年から上の学年には助かりますね。さらに現在(2019.10月)のオンラインには、1年分しか掲載されていません。しかも全ての教科ではありません。たった1年では、過去問としての意味を成しません。さらに傾向を変えられるとしたら、踏んだり蹴ったいですね。

今の1,2年はオンライン公開で公にされてしまったため、自分が受ける試験の問題の傾向が変えられていくため、実質、過去問なしで試験対策しなくてならないのと同じ+記述問題増加の可能性大・・・教授たちは、オンラインの定期試験の公開で、問題をわざわざ作り変えなくてはならなくなり、いらついていますから当然問題の傾向は変えられてゆくでしょう。現状でも記述問題は多いのですが、さらに増えてゆくでしょう。なぜなら記述問題の方が、記号問題を作成するより、問題を作りやすいからです。しかし解く側にはたまったものではありません。オンラインで公開されている過去問だけ解けるようにしても、何の役にもたたないでしょう。実際に試験を受けてみたら、傾向が大きく変わり、記述問題だらけになったのを見た時に、学力の低い学生たちは泣きそうになるでしょう。

1年後期の薬用天然植物学が、1年後期に凝縮され、それを持ち越すと、後が地獄に。。。・・・旧カリキュラムでは、Ⅰが2年後期、Ⅱが3年前期にあった。それが、1科目になり(=範囲が膨大に多くなり)、1年後期に実施されることになった!(1年かけて行われていたものが、半年でしかも1年の後期にギューギューに詰め込まれることになった。)

2年には、有機化学Ⅲ&分子細胞生物学などの対策が厳しい科目が目白押し・・・膨大な暗記量を必要とされます。

授業進度は、今の2年の方が、3年よりも、前倒しのため、比較にならないほど速い・・・今の3年生が履修している病態生化学も、なんと2年生の後期で同時に行われています。

2年後期には、漢方生薬実習の後に厳しい鑑定テストあり・・・落として、持ち越すと、進級が危ぶまれるテストです。

もう地雷だらけです。正直今の3年は、「下の学年にいなくてよかった。。。何が何でも留年してはいけない!」と思っていることでしょう。結局、人生はタイミング。タイミングが悪かった。たった1年の違いで、「そんなバカな。。。」ですね。

大阪薬科大学2年の前期の結果が、先週掲示板に貼りだされました。貼りだされるのは、実は初めてのことで、大阪薬科の持ち越し人数の多さを表しています。異例のことです。

今回の貼りだしは、2年前期のみで、1年後期(1年前期はほとんど持ち越しはありません)の持ち越しは、掲載されていません。特に、1年後期の薬用天然化学は、本試験の合格率が、10%を切っているほど厳しい科目です。上の学年では、2年の後期と3年の前期に分けて行われていたものが、1年の後期に集約されたものです。

今回の2年前期の発表の結果、留年が決まったのが、10名です。例年は5名程度ですから、確かに多いですね。

10名留年が前期試験で確定しましたが、それ以外にも、3科目以上持ち越した生徒の学籍番号が掲載されていました。

〇32名・・・3教科以上の持ち越し
(内訳)
←7名・・・5教科(まあ確実に留年するでしょう。。。)
←5名・・・4教科
←20名・・・3教科

はっきり言って、2年前期に落単などしてはいけません。前期に落としていて、どうして後期の難易度の高い科目をパスできるでしょうか?例えば、有機化学Ⅲという教科があります。担当されている先生が、膨大な量の反応機構を出題されます。他にも、分子細胞生物学は、暗記量が膨大です。

授業進度も2年と3年では異なります。今の2年から授業進度が早くなり、内容が増えています。今の3年生が履修している病態生化学も、なんと2年生の後期で同時に行われています。非常に厳しいですね。

2年後期には、漢方生薬実習もあります。実習が終わると、鑑定試験が実施されます。試験内容は、生薬を見て、「生薬名、薬効、薬能、薬用部位」を問われます。生薬は7つ出題され、5つ得点できないと、試験に落ちます。重要生薬と最重要生薬があり、最重要生薬が7つのうち2~5つ出題されます。最重要生薬を1つでも間違えると試験に落ちます。生薬の数も60個ほどあり莫大な暗記量です。非常に厳しいですね。

2年生は成人式がある年です。その成人式が大阪薬科大学では試験中にあります。試験を4日行い、成人式があり、試験を4日行います。当然、地方から来ている学生は帰省し、勉強する時間が限られるでしょう。ましてや年末年始は、催し事が多いため、勉強する時間は限られます。

今後も新カリキュラム学年の留年者数はひたすら増えていくでしょう。多いパターンは、1年で留年、2年で留年です。

先輩たちの進級基準は、新カリキュラム生にはあてはまりません。今の2年以下は。自分たちの運命を呪いながら、粛々と努力するしか、道は残されていないでしょう。

推薦入試の方々からのお問合せも増えています、「11月頃に推薦の本番がありますが、もうほぼ合格が決まっていますので、どうしたらいいでしょうか?」というお問合せです。このような方々は、非常に聡明な方々です。なぜなら、入学前に高校の理科の復習&大学の先取り学習をしておくことにより、留年の可能性を最小限に抑えることができるからです。

留年リスクを最大限に減らす方法が、入学前から準備をしておくことですが、ほとんどの方がされていません。推薦で入られる方は数が多いですが、大抵は合格が決まったら、のんびりしたり、遊んでしまうパターンがほとんどです。そして入学してから、「え!?」となって、「どうしよう。。。」になるのです。

ストレートで進級=国試にストレートに合格が、基本の考え方です。これには、大学毎による違いはありません。なぜなら国試は共通の試験であるからです。国試の難化=進級基準の難化です。

留年は、住宅ローンの返済と似ています。住宅を建てる際に、たいていの場合は、銀行から融資してもらい、銀行が返済計画を作ります。借りている側は、「毎月どれだけ確実に、その計画通りに返済ができるか?」が問われます。毎月確実に返済できる=信用です。ある程度年月が経ち、修繕費などが欲しいからということで、さらに借り入れを申し出ても、額が返済能力を超えていないなら、銀行は喜んで貸してくれます。なぜなら返済実績において、信用があるからです。留年=返済不履行です。そのような方には銀行はさらなる融資などするはずがありません。例え話をしましたが、大学はつまり国試に確実に合格できるであろう生徒を進級させたいと思っているのです。毎回のテストを確実にパスできる=国試にパスできる生徒を進級させます。残念ながら、留年してしまった生徒さんは、大学により、国試に合格する能力を持ち合わせていない、国試に合格できない、どこからの学年で退学になるかもしれない、と考えられているのです。

留年を避けるには、確実な蓄えが必要です。蓄えにゆとりがあれば、留年などするはずがありません。それは最初で決まるのです。

アイファでは、絶対に留年したくない、国試もストレートで受かりたい、という方にもサポートをしています。ぜひご相談下さい。

後期の募集の中で、関東地方の薬学部の方から多く、「関東地方にアイファを作ってもらえませんか?」というお声をたくさんいただきました。この数年お問い合わせは、増えてきていて、今年は国試が完全相対評価に切り替わったこともあり、全国で進級困難・卒試&国試の個別対策を求める声が高まっています。

アイファは、関東地方にも校舎を出すことにしました。まず横浜校、次に東京校です。

横浜校は、横浜駅から徒歩5分の交通至便な場所にあります(2019年の11月スタート)。翌年2020の4月から東京校スタートの予定です。関東地方の生徒さんに出来るだけ多く通って頂くために、生徒さんの目から見て通いやすく、快適な場所を選んでゆきます。

再試の結果がどの大学でも、続々と発表されています。本日もお問合せがたくさん来ています。面談に来られて、再試の結果待ちをされていた方からも、お申込みが続々来ています。

落とした教科をお聞きしていると、例年は一定の決まった教科を落とされているパターンがあるのですが、今年は少しばらけた印象があります。つまり本来ならば落とさないのでは?という科目を落とされている方が多くいらっしゃることです。これはつまり、過去問の入手が十分にできなかった方が、アイファに今年入塾される方に多いことを意味するのではないかと思われます。

アイファ名古屋・大阪では、過去問ベースの個別授業をしています。お互いに助け合って、今後は確実に進級していきましょう。

愛知学院の再試が本日(9/11)終了しました。お疲れ様でした。

よく落とす教科の2019年度の本試験と再試験の総括を、簡単にまとめておきます。

(本試)
有機化学・・・過去問と傾向は変わっていないと思います。
細胞生物学・・・過去問と似た問題が多く出題。ですから、過去問をメインに学習すればパスできると思います。図で書かせる問題もあります。
薬品物理化学Ⅰ・・・今までは過去問をやっていれば解ける問題でしたが、今回は過去問と全く異なった傾向でした。
機能形態学Ⅰ・・・過去問と少し傾向が変わりました。
酵素学・・・過去問と傾向は同じでしたが、計算分野があったので、あまり学習をしていなくても、計算が解ければ、点数が稼げるテストでした。

(再試験)
有機化学・・・再試験は、練習問題のプリントを解いていれば解ける問題で、反応機構や複雑な問題はなく、とても簡単でした。
細胞生物学・・・武井先生の範囲は、全く同じ問題。ですが、他の先生の問題は本試験とは異なっていたようです。本試験より難易度は難しいようです。
薬品物理化学Ⅰ・・・難易度難。対策要注意の科目。
機能形態学Ⅰ・・・少し難易度は上がっているとは思いますが、傾向は同じでした。
酵素学・・・第問5つ中2つはほぼ同じ問題でした。

愛知学院の再試は、9/2~実施されています。

本日(9/9(月))の愛知学院2年生の再試科目は、分子生物学でした。分子生物学は、過去問も何年分もいただけるのですが、内容が難しいため、アイファでは真っ先に対策をする科目です。

分子生物学は、ほぼ100人超えの再試人数で、毎年その再試人数の多さに驚いています(金城学院の再試の少なさと比較して下さい)。なんせ、分子生物は、毎年150人中100人超えの再試人数なので、ほぼ3分の2ということになります。

やはり分子生物学の、再試の内容は難しかったようで、本日もさっそく体験授業の申し込みが多く入ってきました。

アイファ名古屋校で、愛知学院の指導を担当する講師の生徒枠が減ってきています(申し込みが多いため)。まもなく終了予定です。最後は抽選にする可能性も考えています(同時に申し込まれた場合)。