リンク集: ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計 スーパーコピー スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー コンテンツへスキップ

2018年度に、アイファに入塾した生徒さんたちの所属する代表的な大学の留年比較をしたいと思います(2→3年の留年数に絞ります/アイファの対面式個別授業に通う生徒の所属する大学に限定)。

薬学部では、2年次の進級が、最も厳しいです。

各大学毎の比較をしてみましょう(3年に上がれなかった生徒数です)。これらは噂・評判の類ではなく、現実の数字です。

東海地方&関西地方を中心に、薬学部留年数を比較してみますと。。。(  )は2年生の学年の人数。

①名城大学…50名(300名中)
愛知学院大学…50名(150名中)
金城学院大学…5名(150名中)
④鈴鹿医療科学大学…非公表(100名中)
⑤岐阜薬科大学…10名(100名中)
大阪薬科大学…50名程度(300名程度中)
⑦京都薬科大学…50~70名(400名程度中)
⑧大阪大谷大学→非公表(110名程度中)
⑨兵庫医療大学…約40名(150名中)
武庫川女子大学…約50人(200名中)
⑪同志社女子大学…約10人(124名中)

①の名城は、例年50人程度を留年させています。しかし母体数が300名ですから、6人に1人が留年する計算になります。

②の学院は、例年は40名程度でしたが、2018は50名となりました!3人に1人が留年する計算となり、恐らく東海地方では、最も多く留年している計算になります。3つ理由があるでしょう。1つは、それだけ留年させているということは、2019年から国試が完全相対評価になったのが、影響しているのではないかと思われます。2つ目に、この留年が多い大きな理由として、学院の定期テストが、教科によっては国試よりも難しいことが挙げられます。つまり落単する生徒の数が桁違いに多い→結果として大量の留年が出るという図式です。学院に関しては、たかが定期テストではなく、定期テストの方が国試よりも難しい教科があるので、ご注意!という認識を持つべきです(名古屋市立大学、名城大学よりはるかに難しいです)。特に分子生物でしょうか。薬理系は連番教科で教科の数が多いため、一旦落とすと、上にも薬理があり、分量が多すぎ、対策できずに落単→留年のパターンがあります。3番目の理由として、過去問が、他の大学と比べて、非常に入手が難しい。。。学院では、留年数が多いため、お互いに蹴落としあう図式になっていて、本試で過去問は限られた中でしか流通しません。再試になると、なんとか回るのが例年のパターンです。クラブに入っていないかったりすると、全く過去問が入手できない→落単→留年のパターン。当予備校の生徒が、今まで全て失敗なく進級できているのは、この過去問のストックがきちんとしているのも大きいでしょう。過去問が入手できない生徒が、アイファではちゃんと入手できるのです。塾に入って、留年を未然に防いだ方がどれだけよいでしょうか?

③の金城は、5名。。。なぜでしょうか?①や②と比較すると、あまりの少なさに驚きを覚えます。。。関西の⑩武庫川女子大学と比較してみて下さい。武庫川は200人中50人が留年します。金城では、CBTや卒業試験で大量に落とすのでしょうか?このままで大丈夫でしょうか?以前は10名程度はいたと思いますが。他大学が留年数を増やす中、なぜか留年数を減らしています。関西の武庫川女子大学でも、50人留年がいます。他大学が留年数を増やすのは、国試率を上げるためであり、金城が留年数を減らしているのは、「他薬学部と違い、うちは女子大だから、留年がほぼなく安全です」というイメージを植え付け、たくさんの入学生を欲しいからではないでしょうか?しかし、もし留年を限りなく抑えた状態で、国試を受けたら、大量に国試浪人が出るのは明らかです。実際、金城の国試を大きく、落としているのは国試浪人生の存在です(現役の合格率は悪くありません)。これはあまり言えませんが、金城の国試浪人は、基本学力が全然足りないため、2浪以上になると、全然合格しなくなります。つまり「薬学部を卒業したのに、薬剤師になれない」というあのパターンになってしまうのです(金城で2浪以上になると、そうなる可能性大です)。実際、2014年に薬剤師国家試験が急激に難しくなり、金城は誰も落とさないまま受験したら、国試の結果は屈辱の38%でした!あれが再びある可能性があります(2019年度から完全相対評価になりました。上位層が頑張って平均点を上げたら、65%を得点していても、合格できないのです)。そうならないために、以前やったように、卒試で半分落とす方法をとるかもしれません(今後はそれ以上落とすかもしれません)。金城は2,3年の有機化学の授業が緩いため、本質的な学力がないまま進級している方が多い印象です。結局、進級が緩い分、最後で大変になってしまいます。

④の鈴鹿は、非公表。なぜでしょうか?留年者や退学者により、母体数が減っているからでしょうか?怪しさがあります。今のままでいくと、壊滅的なほどに留年を出さないと、国試の一応見栄えのよい合格率は出せなくなるのかもしれません。

⑤の岐阜薬科大学は、10名。。。驚きですね。。。あの岐阜薬科でこれほど留年数がいるとは。新カリキュラムで、スパルタなカリキュラムになってしまいました。国家試験合格100%を目指しているのでしょうか?持ち越しは3科目まで。本試で30点以下だと再試は受けられない。3年の薬理の授業では、青本の薬理がテキストになっているなど、私立以上に厳しいですね。岐阜薬科のように、元々優秀な国公立で、これほど進級を厳しくしてしまった時に中堅以下の私立大学は、岐阜薬科と国試で戦う運命にあることを理解しなくてはなりません。私は岐阜薬科は薬剤師国家試験の合格100%を狙っていると思います。今の国試は完全相対評価になったので、岐阜薬科のような大学が、大きく平均点を引き上げてしまうのは、容易に考えられます。他の国公立でもスパルタなカリキュラムを採用する大学が増え、このような優秀&進級が厳しい大学が、薬剤師免許をごっそり取って言ってしまうのはあり得るかもしれません。しかも国公立大学の卒業生が就職するのは、ほとんどが製薬会社。。。つまり薬剤師免許がなくても就職できるのです。彼らが会社に勤務している間は、免許は塩漬け状態です。当然国は、「~年には、すでに~人の薬剤師免許を出してました」という一律的、画一的な見方しかしませんから、塩漬けされていようがされていまいが、免許を出したという事実は変わらないと見るのです。相対評価になってしまった以上、上位層に頑張られて、平均点を上げられた日には、太刀打ちする術がないことを、中堅以下の私立大学は理解しなければなりません。

⑥の大阪薬科は母体数が大きいですね。1/6の割合です。今(2019)の2年から下が新カリキュラムの学年ですから、留年は劇的に増えていきます。進級の基準が激しく難化しました。今の段階で、大阪薬科の中だけで、学年毎に留年数を出すと、当然1年が最高数となっています。来年は2年が最高の留年数となるでしょう(恐らく60人ぐらいでしょうか)。今の1,2年は旧カリキュラムとは全く変わってしまったんだ、という認識を持たなくてはいけません

⑦の京都薬科は、関西の優秀な薬科大学。分母に対して考えると、確かに留年数は多いですが、比較的少ないと言えます(1/8強の割合。学院の1/3とはえらい違いですね!)京都薬科大学では、前期、後期の再試験が、それぞれ5個まで(選択科目はここには含まれない)と決められています。また、再試験に落ちてしまった場合は、次の年にもう一度その試験を受けられる試験制度が存在します(これを「再々試験」と呼びます)。この試験制度を使える科目数は、1、3、4年次は1年間で4つ。2年次のみ2つとなっています。この試験でも落ちてしまった場合は留年となります。

大阪大谷大学の留年表記は悪質です。最低在学年数6年を超えた学生を留年者数としてカウントするため、どこかで留年したとしても、6年たつまでは留年数としてカウントされず、一見留年数が少ないように見えるのです。ホームページ上では、2019年において、在学する留年者数は73人となっていますが、これは6年を超えて、まだ在籍している生徒の数なのです。表記の仕方としては悪質で、留年数を少なく見せる方法にたけています。三重県の鈴鹿と似た感じがします。卒業生の方にお聞きしたら、将来つぶれる大学と内部で冗談交じりに言われているそうです。偏差値は40です(河合塾調べ)。大阪薬科は関西地区にある12の薬学部のうち、ランキング10位です(下は兵庫医療大学37.5、姫路獨協大学35です。)大阪大谷大学は、今後どうなるのでしょうか?今後偏差値の低い大学は、抜本的なことをしない限り、将来はない気がします。

⑨兵庫医療大学は、偏差値37.5(河合塾調べ)ということもあり、関西圏の薬学部の中ではかなり留年率は高い方です。3年から4年次もある程度、留年するため、結局6年間、留年せず進級できる人は、半分くらいです。理由はやはり、進級基準が厳しいからで、その学年の全教科の単位を取得しないと、進級できないためです。自ら限界を感じ、退学を選ぶ生徒も多い学校です。
有機化学や天然薬用物を落単する人が多い印象です。

⑩武庫川女子大学は、約200人中50人が留年。。。25%の留年率です。高いですね。女子大だからと言って、進級の甘い金城学院と違います。ストレート進級が45%以下の状態です。4科目までは持ち越し進級できますが、5科目を取ったら即留年決定です。一番の問題は、武庫川は女子大で、留年者が多いということもあるのか、過去問を入手するのが難しいことです。アイファには、過去のデータ&過去問があります。興味を持つ方はお問合せ下さい。

⑪同志社女子大学の、留年数は少ないですが、この10人は留年をどの学年でも繰り返し、退学になってしまうような方々です。システムを見ると非常に厳しく、2年の有機化学Ⅱ(前期科目)は、範囲が恐ろしく広く、他の大学(例えば大阪薬科大学で3年生前期に履修する内容まで含まれています)とは比較になりません。有機化学の過去問を見ると、大問数が多く、反応機構を書く問題なので、難易度は高いです。やはり有機を本試で落とす生徒が多く、再試験がないため(上の学年が本試験を落とし過ぎたため、有機化学のみ再試が廃止に...)そのまま落単します。

2019から国試は相対評価になり、2020はその二年目になります。今までの流れを見ていると、システムが変わると、一年目は様子見、二年目は思いっきり難化させたり、合格率を下げるというのが、流れとなっているため、愛知学院が留年を大量に出しているのは、むしろ現状を正しく認識しているように思われます(2020年の国試受験生は大変でしょう)。つまり愛知学院は、進級できる=国試合格という名城の正当な流れを汲んでいるように思えます。むしろ金城の留年数の低さはおかしいと思えます。鈴鹿の非公表はありえません。

結局、本当のことを書きますと、国家試験が完全相対評価となった以上(2019年から開始)、どの大学に属しているかではなく、1人1人が他大学のより学習ができる生徒と席取りゲームをしなくてはならなくなったということです。東海地方では、名古屋市立大学&名城大学の学習ができる層と、愛知学院、金城学院、鈴鹿は戦わなくてはならなくなったのです。当然大学は、国家試験の合格率を上げるため、進級基準を厳しくします。国家試験が厳しくなる=進級基準が厳しくなる=大量に留年生が出るなのです。国試は2019年から完全相対評価になり、絶対評価の時にあったトータルで65%得点していれば(自己採点の時に分かります)、合格という図式がなくなってしまったのです(65%得点していれば合格は、作る側も手加減して作るため、難易度も抑えられるし、65%を得点すれば自動的に合格できるため、上位層がそれほど頑張らなかったのです。しかし完全相対評価になり、全く状況は変わりました)。どの大学に属しているかではなく、合格枠が決まっていて、上位者から得点で合格が決まってしまうため、他校の成績のよい生徒と直接対決する図式になってしまったのです。成績のよい生徒たちと、限られた合格チケットを奪いあう形になってしまったのです(プロレスのバトルロイヤルみたいですね)。ですから、自己採点しても、3月の国試の合格発表まで合格しているかどうかは分かりません。大手予備校によって発表される合格予想点ギリギリの生徒は気が気ではありません。合格最低点は上位層が がんばれば上がってしまうのです。2021に新カリキュラムに切り替わった学年が受験する国試が難易度としては、最難関になるのではないか?と推測されています(下手すると2014、2015みたいに合格60%、あるいはそれ以下になる可能性もあり)。新カリキュラムの国試&完全相対評価だから、もう成績下位者には、逃げ場はないですね。成績が悪くて、ギリギリ進級している人は、下手すると薬剤師になれないかもしれません。本当の学力が試されます。それまでに、本当の学力をつけるべきです。日本の現在の国試合格率最低校は、「北陸大学、第一薬科、姫路獨協大学」ですが、このような大学は相対評価になった今、今後はさらなる、非常に厳しい進級指導に切り替えてゆく可能性があります。

大学が生徒の学力を本質的に上げることは、入試で厳しく選抜しない限りできません。実際に私立の薬学部は入学は非常に楽なのに、最後の国試は非常に厳しいバトルロイヤルの形式になっているため、中から下位層は厳しい戦いを強いれらます。楽に入塾させた生徒に本質的な学力をつけることは難しいのです。ですから「厳しく留年を出して、見かけ上の数字をよくするか OR とりあえず進級させて、卒業試験などで大量に落として、国試浪人を大量に出すが、見かけ上の合格率をよく見せるか」しかできないのです。私が大学は留年させた方がましと、考えるのは、在学中に、できれば低学年で留年すれば、学力のなさに気づき、自分で対策をするようになりますし、国試までの年数があるため、基礎から学習できるからです。卒試や国試で落ちてしまうと、ショックで、基礎力がないまま、大手予備校の情報に踊らされてしまい、学力がないため、間違った知識を形成してしまい、それのために国試に合格できないという負のスパイラルに陥ってしまう可能性があるからです。国試浪人になったら、心理的に焦り、基礎からやり直そうなんてできませんよね。

ですから、大学ができることは、学力の足りない生徒に対して、低学年のうちに、留年という処置にすることにより、その生徒に学力のなさを気づかせることなのです。それにより、基礎から学ぶ意識が生まれます。卒業試験で落とされてしまったら、学力が低いと、はっきりいって国試に合格できる保証はないですね。

再試・追試を受けるにしても、どうしてもその年に留年すると分かれば、休学するのもある意味手ではあります。予備校に通うなりして、体制を再度整えればよいのです。

最後に、絶対→相対評価に移行して、どうなったかと言うと、大学入試の偏差値の高い大学ほど有利な状況が生まれたということです。上位、中位、下位と大学偏差値ごとに分けると、上位が独占、中位はスパルタ式に鍛えられ(ここは期待される分厳しくされるでしょう)、下位は留年だらけにして、何とかしてストレートで受験させないようにするのが、大学側の今後の指針でしょう。「上位が有利で、下位を食う」のが相対評価の形だからです。もはや資格試験ではなく、選抜試験になってしまったのです。

現在、3月に入塾している生徒の三分の一が、愛知学院の二年生。。。実は愛知学院は今年の2年生の留年数は、過去最高数のようです(50名/150名中)!名城が、毎年50人近くを留年させていますから、それに近づいているようです。3名に11人が留年という計算になります。

また愛知学院の後期の科目に、濃厚&大量の記憶を必要とする科目が集中しています。前期は普通なのですが、後期に一気に重い科目のオンパレードになり、手が回らなくなり、留年のパターンです。

後期の具体的な教科名をあげると、〇薬物作用学、〇機能形態学、〇免疫、〇微生物、〇代謝などです。特に免疫は、大学受験で生物を受験していないと、ほぼ理解できないのではないか?と思われる教科(もともとそういう科目)で、他大学と比較しても、分量が半端なく多いため、再試に回してしまう生徒が多く、そのまま対応できずに留年となってしまう可能性が高い教科です。

対策としては、過去問を活用して、後期科目であるが、前期から先取りしてスタートしておくのが、確実に後期に試験に合格するコツと思われます。

入塾した生徒さんたちには、過去問を配布し、基礎から指導して、後期の科目であるが、前期から先取りして、確実に後期に、〇免疫、〇代謝などの重い科目をパスさせるようにしていきます。

やる気のある方のみを受け入れ、全員を確実に進級させる。。。これが当予備校のミッションと考えています。それが証拠に、先輩たちのほとんどは、数年で成績上位者になっています。やはりやる気を持って、プロ講師の指導のもと、定期的に学習することが、一番の学力をつける方法でしょう。

「2019年の新学期募集」を2019年の3月2日にHPに出して以来、お問合せのお電話が止まらない状態です。。。(忙しすぎ、私の好きなバー巡りもできない状態です。。。)非常にありがたい(!?)話なのですが、いかんせん、講師の方の空きの時間もかなり詰まってしまい、「正直これほど入塾されるとは思ってもいなかった」、というのが正直な感想です(この3月の最初のたった1週間で、昨年三月入塾者全体のなんと2倍となりました。。。この調子で3月末までもつのでしょうか。。。(もちろん冗談ですが。。。))当予備校で、打ち合わせをして、打開策として、個別面談終了後、入塾申し込みまでの猶予期間が2日を超える場合は、申し訳ないが、入塾のお断りをしようか、という案も出てきました(体験授業終了時に、その場で入塾される方を優先という案です。これでなんとか三月末までやり抜きたいとことです。。。)ある程度の打開策を打たないと、なかなか受け入れ状況が厳しくなってきたのも現実です(余りHPの新着情報で現状の報告をしないで、このブログだけで報告するのもいいかもしれない、と打開策会議で出てきました(新着情報はHPのトップにあるのでより多くの方の目に触れるため)。このブログは見る人しか見ないし、新着情報に出すとより多く来てしまうからという意味です。他の打開策は、電話で、ご自分でなんとかやれる方にはアドバイスのみして、入塾は夏以後にして頂くというものもあります。ただ夏以降も枠があるかどうかは、残念ながらお約束できません)。

しかしお困りの薬学部生の方は全国に多くいますので、当予備校の優秀な講師陣にお願いして、少しでも多く授業を担当して頂くようにお願いしているところです。しかし現在在籍されている生徒さんの授業を確保するために、枠には限りがあります(講師1人につき生徒は基本三人程度)。。。。なんとしても、1人でも多く、優秀な薬剤師になる手助けをしなくてはならないと思っています。

これほど入塾者が増えた理由はなんなのだろうか?と考えてみました。

〇今年から完全相対評価の国試がついに開始!禁忌問題も導入されたこと。
-なんといってもこれでしょう。禁忌問題は以前から厚労省から告知されていたので、驚きはありませんでしたが、今回の国試の方針は、今後難化の方針を色濃く印象付けるものだったこと(臨床問題のいっそうの増加!5年の臨床期間の内容が多く問われるようになりました。5年の実習に行く前に、オリエンテーションをしておくことが、今後の国試合格率を高める秘訣になるかもしれません。国試の過去問だけをやっている受験生を落としたいのでしょう。浪人には大きなハンディです)。来年は完全相対評価になり、二年目になるので、一気に問題の難化が予想されます。生徒さんも不安に感じているのかもしれません(2014年の6年制になり、二年目の国試は80%代から、一気に60%になりました。驚愕の難化でした。ちなみに翌年の2015年のほぼ同じ60%。しかも2015に関しては、補正を出したから、60%でおさまったから良かったものの、出さなかったら、なんと50%代だったという恐ろしい事実を忘れてはいけません!(2016から相対評価への移行。ただし現場が混乱するといけないので、65%合格は維持。そして2019から完全相対評価への移行ついに完了!2020の国試の難化が恐ろしい状態です。制度が変わって二年目ですから。一気に難化する可能性大です。(ちなみに医師国家試験&歯科医師国家試験に禁忌問題は導入されています(した)(歯科医師国家試験は、第111回から禁忌問題が廃止されましたが、皮肉なことに、問題はより難化しました(禁忌が必要なくなったのでしょう)。厚労省は、歯科医師国試の合格率を、現在の65%合格を、ゆくゆくは60%にしたいようです。薬剤師国家試験はそこまでいかないとは思いますが、2014年と2015年と薬剤師国試は60%だったことを考えると、また再来する可能性はあります。歯科医師国試は、10年以上かけて緩やかに65%になり、この10年ほど続いていますが、薬剤師国試の場合、急激に難化させる可能性があるので、恐ろしいですね。とにかく来年の薬剤師国家試験の難化が怖いのは間違いないです!)

-完全相対評価は、中~下位レベルの私立の薬学部に厳しい!はっきり言って、厳しすぎるシステムです!国試の個人の成績が問われます(自己採点時に、65%得点していれば合格がなくなりました。。。)
完全相対評価は、上位に優しく、中~下位に非常に厳しいシステムです(消費税と同じかもしれませんね。)この104回から完全相対評価になり、65%得点すれば、合格はなくなりました。恐ろしいのは、絶対評価の時には、作る側は、ある程度手加減して問題を作るわけです(そりゃそうですよね。上位層が足切りなどで、引っかかれば、就職先からクレーム来ますから)。ところが、完全相対評価になってしまうと、作る側にしたら、「よーし、これからは手加減しないで作らせてもらうぞ!」となるわけです。問題をいくら難化させても、上から合格させればいいわけですから。つまり、「今後、国試の難化には歯止めがきかなくなった」、というのが私の考えです。今までは、国試の作成者は手加減して作っていた、と思われます。これからは手加減しないでしょう(恐らく来年の105回は相当難化するのではないでしょうか?今回は、完全相対評価の一回目。様子見をさせてもらったわけです)。はっきり言って、厚労省は、国公立と上位の私立に合格してもらえば、他は要らないと考えているのではないでしょうか?(現在、薬剤師と就職しないならば(つまり製薬会社ならば)、別に薬剤師国家試験の所有が必要ではありません。つまり製薬会社に国公立はほとんど就職するわけですから、国試はある意味保険的なものに過ぎず、本気で受験していない方も多いのです。もしこれが将来、国公立も、製薬会社に就職する場合は、国試の所有が必要となったとしたら恐ろしいですね。。。そんなことはないと、思いたいですが。。。(国公立で国試も合格して、製薬会社に就職する場合は、その免許を使用しないまま、退職まで行ってしまう可能性があります。本来なら、返還なり、補欠合格繰り上げなり、あるのが本来は妥当と思いますが、実際にはなっていません。よく講師たちと、「将来製薬会社に就職する際に、今は国試の所有は必要ないけど、もし必要になったらどう思う?」「私立は死んでしまいますよ!」)。何が恐ろしいって、国公立の方に本気を出されるぐらい恐ろしいことはありません。私のアドバイスは、「先は何が起こるか分からないから、一年でも早く国試に合格しておきなさい!」です。

-私は、大学病院に就職する場合は、6年制の大学、薬局ならば4年制と分けておけば、何も問題は起こらなかったと思います。しかし、大学制が全て6年制に統一され(4年制は廃止)、国試の問題レベルはトップ層に合わされ(国試は上位層に問題設定されます)、完全相対評価(=合格人数が決まっていて、上位から合格させる方式。さらに禁忌問題も導入!)に今年からなった以上、これから待っているのは、私立薬学部における、今以上の留年だと思います。年々進級が厳しくなる未来しか私には見えません。名古屋地区では、名城大学が最も留年数が高いですが、現実を考えると、最も現実に即していると思います(国試に関しては、金城学院が最もリスキー。金城で単にストレートに進級=国試合格と勘違いしている方が多い印象です(単純にストレートに進級=国試合格が成立するのは、東海地区では、名城大学だけでしょう)。金城は以前は卒試で半分落とし、その後クレームあり、緩和させましたが、今後の国試験の難化を考えると、また復活させ、進級を厳しくするしか手立てはないかもしれません(金城は、他とは違い、進級は大丈夫です、と言って入学を受け入れているのが問題かもしれませんね。残念ながら、大手予備校にも金城の多浪生がたくさんいます(もちろん他大学もいますが)。金城の有機化学ははっきり言って緩すぎます。。。パスしたら、有機の力があると、勘違いするでしょう)(愛知学院は進級が厳しくなっている分、金城よりはよいのではないでしょうか?定期テストも全体的に深い問いを出す印象です(定期テストの薬物作用学&免疫などは、国試より難易度高い(分量も半端ないです)!国試の合格率を上げたいなら、定期テストでも、国試並みの問題を出し、進級を厳しくし、進級できた=国試パスとするべきです(よって卒試で落とすのは減ります)。

〇国試も進級指導も、実績のある優秀な指導者が、他に極端に少ないこと。
-当予備校では、プロ講師が、10人以上在籍しています(厳密に言うと、現在15名)。全て3年以上指導して、実績を出している方ばかりです。平日も土日も授業が出来ます。講師との相性によって、もちろん交代は自由にできます。このあたりが受けているのでしょうか?

〇高い実績のある小集団&個別予備校が、大手以外に非常に少ないこと。
-当予備校は、2014年にホームページをオフィシャルに出しましたが、それ以前から個別の指導をしていました。長年のデータの蓄積(特に進級支援)は他のどの予備校の追随も許さないでしょう。在籍した大学生の方の過去問&予想問題は全て保管しています。閲覧可能です。また最新のデータも同学年の方からお聞きすることも可能です。当予備校に在籍することで、部活に入っていなくて過去問が入手できない、留年などしたため、助けてくれる友人が少なくて、大切な情報が入ってこない、などの不安が完全に解消されます。

〇完全個室個別のシステムが最も効果があるが、そのようなパターンがないこと(個別があっても個室はない)。
-完全なマンツーマン(個室なら集中できるし、いくらでも質問できます)でないと、苦手教科がある場合は、意味がありません(苦手教科がなければ、集団授業でもOKでしょう。)

〇進級&国試合格という意識の高まり(現役有利!浪人生が、過去問だけ解いていて、国試に合格できる時代はもう終わりました。)
-先ほども述べましたが、今の国試は臨床問題が急激に増加しています。5年の実習の内容が問われるようになったということです。つまり国試の合格可能性は、現役の方が、圧倒的に高くなっているということです。当予備校では、多浪の方には、特別カリキュラムでフォローしていますが、明らかに、現役で合格した方が楽です(多浪の方にはそれだけ覚悟してもらい、勉強してもらう必要ありです)。この104回の国試を見ても、臨床問題の増加は決定的に思えます。現場で使える薬剤師が欲しい、という厚労省の意識をひしひしと感じます。浪人すればするほど合格率が下がる。。。これが常態化するのではないでしょうか?なんといっても、せっかく薬学部に入って、卒業したのに、薬剤師国家試験免許を取れない。。。あとはバイトしかない。。。これは悲しすぎます。。。なんとしても避けなくてなりません。当予備校ではそれを避けるべく頑張っています。

〇国試浪人者が増えていること。
-もう2浪、3浪が珍しくなくなりました。

〇進級に関しては、過去問が手に入りにくくなっていること。
-私立においては、特に顕著なのですが、過去問が入手しにくくなっています。再試になると、回るのですが、本試は以前よりも回りにくくなっているようです。一部の方が握っていて、回らないということでしょうか。私立医学部の一次試験のようですね。ギリギリにならないと回らない。当予備校では、過去の在籍された方の大学の過去問は全てストックしています。ご安心下さい。

〇過去問傾向の変更が相次いでいること。
-当予備校では、予想問題で最終的に仕上げます。それを好意的に評価されているということでしょうか?いずれにしても、過去問は絶対に必要だが、それだけでは不十分ということでしょう。

いずれしても、ご報告です。

難易度は102回よりも難、103回よりもやや易といったところでしょうか。
第97回国家試験から新国家試験となり、はや8年経過しました。出題傾向は毎年多くの変化が見られるものの、求められている力が持っている知識をいかに駆使できるかという点は変わっていません。しかし、ここ数年その力を試す問題が増えてきたため、大手予備校も対応するのが年々厳しくなってきているのではないでしょうか。
国家試験を受験される皆さんには、是非この能力を十分に身に着けたうえで臨んでいただきたいと思います。

まず、必須問題です。
例年よりもやや優しい問題が多く目につきました。具体的に言うと80点以上は得点しておきたい難易度でした。今回の国家試験においてこの必須問題を何点得点できているかが合否に関わる受験生が多くいたのではないでしょうか。
この必須問題は基礎事項をいかに理解できているかが問われています。より多くの必須問題を回答できる知識量が、理論・実践問題への対処能力にも大きく関わるので早い段階で知識を整理しておきましょう。

次に理論問題です。
今回の物理・化学・生物は例年よりも難化していました。特に、多くの受験生を悩ませたのは問137~140の複合問題ではないでしょうか。皆さんご存知の通り、ここ最近の国家試験は基礎事項をしっかり理解した上で考えなければならない問題が出題されています。
今回の複合問題も基礎事項を駆使し、問題をよく読めば回答できる問題となっていました。
105回の国家試験を受験される皆さんはこのような問題に対処できるよう、問題演習を十分に積んでいただきたい。
薬理・薬剤・病態・法規は全般的には例年通りといったところでしょう。しかし、薬理・病態の2連続問題が3組出題されているのが例年と異なるところでしょう。問題文の症状・検査値をしっかり判断できる力をつけているかどうかが鍵となると考えられます。

最後に実践問題です。
他の予備校でも評されていますが、他科目の知識を必要とされる問題、グラフから測定値を読み取る問題が出題されています。ここで求められているのは先述したような知識をいかに駆使するかということ。そして他の科目と関連する複合的知識を有しているかということです。
まだ十分に学習できていない学生の方は、各科目が独立した知識のように感じることが多いと思います。しかし、他科目の知識があれば、回答できる問題、理解が深まる知識が多く存在します。学習を重ねていくうえで同じ内容を何度も目に通すことがあると思いますが、その際にはぜひ他の科目との関連性にも着目していただきたい。
また、「~の結果、…ということになった。~~適切な対処はどれか?」、「~~となった。他の職種に提供すべき情報はどれか?」といった実務に即した問題も他数出題された。加えて、ガイドラインベースとなった問題も出題されている。このような問題では通常の学習に加えて実務実習で得た知識・経験が重要となってきます。既に実習を終えた5年生以上の方は今一度実務実習の内容を復習することを、また今後実習を控えた4年生の方は意欲的な気持ちで実務実習に臨むことをお勧めします。

以上を総括すると、例年通り必須問題は80点以上取ることを目標としましょう。
理論問題については、暗記事項はもちろん、そこで得た知識をいかに駆使するかという考える力を身に着けるため問題演習を十分に積んでおきたいところです。
実践問題は、前述の考える力に加え、他の科目との関連を意識した学習をしていただきたい。また、実務実習の内容も復習(未修者は意欲的に取り組む)しておくことが重要となってきます。6年次での勉強においては、青本や要点集だけでなく、添付文書やガイドライン等を早い段階からきちんと読み込みましょう。

そしてどんな問題であれ、”薬”が問題の中心であり、薬理ほど重要な科目はありません。少しでも多くの薬を知り、その扱い方を学び、臨床上の役割をおさえてください。

第104回の国試は、相対評価になって4回目の試験。今回の予想平均点は245点と高いため、例年のボーダー225点よりも高い点数を取っていないと、合格できないかもしれません。

平成30年8月に厚労省が公表した新薬剤師国家試験で、例年の「全範囲の配点65%以上」の基準がなくなっていました。完全に相対評価となり、平均点が上がれば、ボーダーも上がる。よって今年は225点で合格は厳しいかも?ですね。あくまでも私見に基づく予想です。