リンク集: ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計 スーパーコピー スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー コンテンツへスキップ

有機化学は、薬学部の学生として、身につけておくべき知識でありながら、多くの学生が不得意にしている教科の一つです。

今回は、京都薬科大学の有機化学に関して分析してみました。

以下の二つに分類されます。

1. 単純に学習すべき項目が膨大であること。

反応機構の書き方(矢印の向きや種類、構造式の書き方など)から始まり、簡単な酸塩基の中和反応・付加・脱離反応、さらに各官能基や複素環の性質や反応、そしてその際に必要な試薬や温度などの条件など、一夜漬けでは身につけることが難しい量の暗記が必要になってきます。当然、以前学習した知識をもとに、話がどんどん進んでいきます。そのため、日々コツコツと着実に知識を積み重ねることが大切です。

2. さらに、知識を組み合わせる必要があるということ。

たとえどんなに複雑な構造を持つ化合物で、複雑な反応をしているように見えても、テストで問われる範囲内でならば、単純な反応の組み合わせであることが、ほとんどです。ここで必要になってくるのは、この化合物に、この試薬を反応させると、この官能基あるいは、この二重結合が反応して、このように変化するのではないだろうか?という知識に基づく思考力です。そのような思考力を身につけるには、ただ暗記するのではなく、理解することが必要です。

3年生くらいで、有機化学が分からなくなる方は、恐らく一番初期に学んだ基本的な有機化学の性質を理解していないために、全ての反応を個々に覚える羽目になり、またなぜそのような反応になるのかという理由も分からないため、ただ丸暗記となり、量が膨大で覚えきれなくなってしまう方が多い印象です。そのような方は、今のうちに有機化学の復習をしておくことを強くお勧めします。さもないと、CBT、卒業試験で落ちるパターンが濃厚です。

正しい知識を知った上で、何度も復習・問題演習を繰り返すことが、最も必要であると言えます。

名城大学は、他の大学とは、どうカリキュラムが違うのか?とお問合せを頂きます。

一言で言うと、

1年から、徹底的に専門科目をやらせます。1年から容赦なく落とします

機能形態、生化学、有機化学、物理化学の導入部は、国公立では、1年生の講義です。ですが、基本的に、国公立では、1年生は、一般教養がメインです。ですが、名城大学の場合、1年のうちから、かなり深く勉強させています(他の私大もその傾向ありますが、1年の専門度合いでは、愛知学院もやばいレヴェルですね。学院では、なんと定期試験で国試の問題を出題する教科もあります)。早くからこれからの薬理学や薬剤学などの勉強の基礎となる知識を身につけなくてはならず、かなり厳しいカリキュラムです(国公立から見たら、信じられないでしょうけどね。)

やはり、1年からしっかりと積み上げることが、無事に進級→国試合格するには、必要ではないか?と思います。その意味では、国試が相対評価になり、年々難化する中、積み上げのない方が(ある方は問題ないですが)2年から予備校に来るのは、遅いのかもしれません。 この2月の国試が旧カリキュラムの最後、来年から新カリキュラム。。。相対評価は昨年から始まり、この2月の国試が、相対評価の2年目。。。厳しい流れですね。今年卒試落ちた人は、受難開始というところでしょうか。相対評価になるということは、合格枠が決まって、上位から合格になるということです。自分の得点が問われるのであって、勉強のできない人が頑張ったからといって、よりできる人が、容易にそれ以上できるようになったら、合格枠を取られてしまうます。合格点だって、以前のように、トータルで65%得点できたからといって、合格の保証はありません。上位者が頑張って、平均点を引き上げたら終わりです。その意味で、「相対評価=合格枠が出来て、成績上位者から合格となるシステム」と考えると、偏差値35の最低ランクの大学など、どうやったら合格できる保証があるのでしょう?上位10%以内に入っていても、危ういかもしれませんよ。

相対評価の恐ろしさを理解していない方が多いように思います。

名城はそのあたりをよく分かっているのでしょう。

昨年2019年の4月に、留年してアイファ名古屋に入塾した愛知学院2年の方たちの成績が絶好調です。

前期の本試で全員通り、後期の本試で1人免疫学を惜しくも落としてしまいましたが、前期から準備しているので、あとは自力で受かるレベルです。

ということで、昨年留年して入塾した愛知学院2年たちは、全員無事進級決まりました。

愛知学院2年で、留年がもし決まってしまったら、前期からの入塾を強くお勧めします。なぜなら、大抵の場合、後期に大量の教科を落としてしまっている方が大半で、時間のある前期から、後期の重い教科を先取りして開始しておくのが、確実に進級できるコツだからです。たいていの生徒さんは、前期は前期科目のみ、後期になったら後期のみしか考えていません。予備校には、通年を通じて指導するノウハウとデータがあるので、通年で指導が可能です。

多くの愛知学院2年で留年して入塾する生徒が落としている科目は以下の通りです。

(前期)
酵素学・・・比較的簡単。レジュメ解読の授業メイン。
分詞生物学・・・過去問で対応できるが、難易度は高く、理解力が必要。過去問は教授から配布されるが、何もしないと当然落ちる。前期の最難関科目。

(後期)
微生物学・・・レジュメ解説、アイファ講師によるまとめプリント使用。
免疫学・・・難易度高く、量が膨大。メカニズムの理解に時間かかる。アイファでは前期からスタートして、レジュメに沿って解説を行い、まとめの繰り返し必要。テストが近づくと、アイファ講師が作成したまとめ対策プリントと過去問を用いて、実践問題の演習を実施。
機能形態学・・・難易度高い。前期から準備必要。
代謝学・・・難易度高い。前期から準備必要。
薬物作用学
有機化学

出題傾向
①暗記が基本。知識をもとに考える問題。
②過去問の内容を重点的に実施。
③暗記プリントで対応可。配点を変えて、合格者を増やそうとする。しかし再試は難易度高い。
④過去問で対応可能。ただし暗記量は膨大。
⑤難易度高い!内容がヘビー。しかし40点合格(この40点は今年だけのもの。今後は分かりません)→一番最初に手をつけるべき。
⑥酵素と教員が同じ→①と同様。
⑦過去問の内容を重点的に。用量作用曲線は毎年出題。暗記量が膨大。
⑧学校で配布のプリントを練習。webの問題(学校の)

アイファでは、免疫学、機能形態学、代謝学を例年、前期から先取りしています。もし前期から対策をスタートしていないと、後期の科目を全てこなす時間がなく、後期における対策プリントを使用した授業など、アイファで実施できなかったでしょう。

もし上の教科以上に落としてしまっているとしたら、より早めの入塾が必要となるでしょう。

本日も体験授業が多くあり、何人も入塾されました。本日は名古屋校、大阪校でした。

大阪校で、お1人の方(同志社女子3年)が、体験授業に「無機放射化学」をリクエストされ、実施となりました。

通常、有機化学などがリクエストされることが多いのですが、同志社女子の明日のテストが、たまたま無機放射化学のテストだったから、リクエストされたのだと思います。

薬理は、同志社女子の場合、簡単にパスしてしまうので、それはそれで今後やばいのかな?と思いますが。。。

「無機放射化学」は、通常あまり体験授業ではリクエストされない科目ではありますが、面白い科目であるので、ここで述べておきたいと思います。

「無機放射化学」は、CBTと国試で、「物理」&「衛生」で出題される科目です(片方だけかもしれないし、両方出題されるかもしれません。)1問は必ず出題されます。ですから、定期テストで、やっておくと後から楽になるのは間違いありません。

基本暗記系の科目ですが、単なる丸暗記ではなく、ストーリーを作って、暗記していくといいと思います。
ただし以下の事柄は、理解する必要があります。

〇出ている放射の性質
〇被爆の計算
〇人体への簡単な計算

今日の体験授業でまとめたポイントをしっかりと理解、覚えて、明日のテストでいい点を取って下さいね!

横浜校で、2019年度の薬学総合演習試験(=卒試)で大量の人数が落ちたことは、以前にもブログにも書きました。

昨年度つまり2018年度の横浜薬科大学6年の卒業試験の合格率は81%でした。定員約300人中245人が合格していました。卒試の合格率は81%でした。
ところが、今年激変が起きました。

なんと、定員約300人中170人しか合格していません。つまり卒試55%です。悲惨です。

例年の横浜薬科大学の国試の合格率は、60%程度です。今年はどうなるやら。。。

今回、卒試で大きな傾向の変更があり、いわゆる過去問からの出題が極端に減ったということです。それで前年度80%の合格率が今回55%になってしまったわけです。この合格率を見ると、かなり大幅に傾向が変わったな、と分かるはずです。

その後、

アイファ横浜校に申し込みが殺到して、現在は待ち状態です。申訳ございません。講師たちの時間調整をお願いしているところです。

〇横浜薬科大学では、薬学部総合演習試験(=卒業試験)に落ちた方は、8月末に再試があります。いわゆる後卒ですね。これにパスすると、翌年の国試を受験できるわけですが、8月の再試から日数を数えると、5か月強ぐらいしかありません。もし8月まで卒試の勉強だけ(つまり卒業試験の過去問)のみ、それから国試の過去問と進んでいくと、確実に来年の国試に落ちるでしょう。

うまくいく方向は一つしかなく、8月の再試までは、国試を中心として、卒業試験対策も行い、8月以降に備えることです。

  

上の質問はよく来るので、ご返答しておきます。

「高校の化学と大学の有機化学は、実はそこまで関連性はありません。ただし有機化学を学ぶ上での試薬の名前や酸性塩基性の強弱などは、高校化学から来ているので、高校化学が苦手だとつまずいてしまいます。

大学の全ての有機化学(合成化学を含む)は、有機化学Ⅰ~Ⅱで学んだ電子の濃度、酸性塩基性の強弱、立体障害等の基本的な性質だけで説明がつくので、いかに最初の有機を熱心に勉強するかにかかっています。後は反応する物質が変わるだけで、実際に起きている反応はほとんど同じです。最初で理解できていないと、必然的に後も分からないくなります。(連続ドラマの第1、2話をしっかり見ておけば、だいたいのパターンが分かり、展開が予想できるようになるのと同じです。)

合成化学など、後半の有機化学が苦手な人は、この初めの有機化学を疎かにしている傾向があり、ここをしっかりと勉強し直さないと、CBTで必ず苦戦します

そして

CBTの合格順位は、実は多くの大学関係者が指摘することと同じですが、実は国試の合格まで、あまり変動しません。

つまりCBTまでに、どれだけ学力のてこ入れをしておいて、どれだけ上位でCBTをパスできるかが、その後卒試をパスできるか(=当然国試をパスできる)に繋がっていくのです。ということは、ほぼ1~4年で、その後どのような道筋を辿っていくのか、はたして卒試や国試はパスできるのかが決定されるということになります。

3年生くらいで、有機化学が分からなくなる方は、恐らく一番初期に学んだ基本的な有機化学の性質を理解していないために、全ての反応を個々に覚える羽目になり、またなぜそのような反応になるのかという理由も分からないため、ただ丸暗記となり、量が膨大で覚えきくなってしまう方が多い印象です。そのような方は、今のうちに有機化学の復習をしておくことを強くお勧めします。さもないと、CBT、卒業試験で落ちるパターンが濃厚です。

余談ですが、有機化学を学べば、薬の安定性や薬の液性などを考えることもできますが、実際に臨床では、そこまで頭が回っていないことも多いため、ほとんど全ての薬剤師が忘れてしまいます。特に化合物を合成する用の反応などは、臨床では使わないので、完全に忘れてしまう傾向にあります。そのため、現場で働いている薬剤師だからと言って、有機化学が全部できると言うわけではありません。新薬開発を行っている企業就職の薬剤師は別です。」

文責 アイファ名古屋、大阪、横浜校  教務課主任

よく同一学年の留年を繰り返してしまい、休学になり、当予備校にお問合せがあります。

アイファでは、以前より休学の方を多く、受け入れています。多くは、同一学年の留年を繰り返し、大学関係者の方から紹介されて、こちらにいらっしゃるパターンです。

薬学部は、医学部・歯学部と異なり、留年した場合、落単した科目だけ履修すれば、進級できます。これは医・歯から見ると、羨ましい限りです。
いくら国試が相対評価になったとは言え、落とした科目だけを履修するなら、個別の実績がある予備校に通い。基礎から理解&覚えるものを覚えるということを、蓄積していけばよいだけです。問題は、計画的にそれを実施できるかどうかです。多くの科目を落としている方なら時間がかかるでしょう。しかし落胆していて、何もしないのでは、先に進めません。

実際生徒さんを見ていると、入学時の学力に関係なく、着実に学力を伸ばしていきます。頑張る人ほど伸びは大きいです。入学時は大学の下位層だったのに今では上位層の方も多いですね。国試が相対評価になった今では、「今年進級できるのだろうか?/CBTに合格できるだろうか?/卒業試験に合格できるだろうか?」という方は全て危険信号の方です。相対評価になったということは、個人の学力が問われるわけで、その意味では、「定期テスト/CBT/卒試でどれだけ順位を上げ、ゆくゆくは上位層に入ることができるか?」です。特に偏差値が低い大学の方が、中位以下にいるのは危険です。上位にいれば、何も心配はありません。

勝者は、現実を正しく分析して、あらゆる手を使い、現状を改善していける方なのです。地道に、少しずつ頑張りましょう。

昨年の大阪薬科大学の国試の合格率は、約76%でした。前年度は約85%でしたから、なんと約10%近くもダウンしてしまったわけです。

今の大阪薬科の2年から下は、スパルタカリキュラムになってしまいました。これも国試の合格率の大きな低下に歯止めをかけたいという思いがあったのでしょう。

大阪薬科大学は、2020年の夏ごろに、大阪医科大学と合体して、「大阪医科薬科大学」となります。大阪医科大学は高槻、大阪薬科大学は摂津富田にあるのですが、経営法人が一緒で、今回このように一緒になるように決まったようです。なお大阪医科大学は実は赤字経営、大阪薬科はチョイ黒字経営ですが、合体することにより、赤字になるようです。しかし医学部を有しているということで、今まで以上に生徒を集客できると見込んでいるのでしょう(例えば薬学部でもトップレベルの成績ならば、医学部に編入できるとすれば、より多くの薬学部生を集めることができるでしょう。)

大阪薬科大学も、よりレベルの高い生徒を、数多く集客して、より厳しく鍛えるという方針に切り替えたようです。その流れは正しいと思います。

昨年度つまり2018年度の横浜薬科大学6年の卒業試験の合格率は81%でした。定員約300人中245人が合格していました。卒試の合格率は81%でした。

ところが、今年激変が起きています。

なんと、定員約300人中170人しか合格していません。つまり卒試55%です。悲惨です。

例年の横浜薬科大学の国試の合格率は、60%程度です。今年はどうなるやら。。。

今年横浜薬科大学の卒試の合格率が、極端に難しくなった理由としては、三つ考えられます。

1つは今年が旧カリキュラム最後の年であること。

2つは完全相対評価に切り替わり、2年目であること(制度が切り替わると、初年度は様子見で簡単、二年目に激しく難易度も問題も難化する傾向あり)、

3つ目は、湘南医療大学が、2020の4月からスタートするため、ライバルを牽制する意図があるからです。

いずれにしても、

卒試をパスした人は今年パスしておかないと、来年は新カリキュラムになってしまうため、難易度が今年より上がることは、間違いありません。なんとしても今年パスするようにしておきましょう。さもないと、薬剤師になれない可能性が高くなってしまいます。