リンク集: ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計 スーパーコピー スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー コンテンツへスキップ

本年度の国家試験は完全相対評価に移行した初年度でした(昨年度までは65%を得点したものは基本的には合格)

さらに言うと、今回が新カリキュラムの初年度。。。今回の試験は、難易度的には、作る側にしたら、様子見でしょうね。

昨年と比較した難易度でいうとやや易化、例年と比較すると同程度の難易度であったと言えるでしょう。

完全相対評価ということもあり、現時点での合格ボーダーは不明ですが、本年度のように大きく傾向が変化した年度である第97回(6年制薬剤師国家試験初年度)と比較すると、得点率は約10%低下(77.8%矢印右68.4%)しており移行初年度で比較すると大きく難化していると言えます。また今年の特徴としては新型コロナウイルス感染症の流行に伴った、消毒薬やマスク、換気に関する問題も出題されました。

■必須
全体的な難易度は例年通りでしたが、特に物理に関しては実験機器やパラメータ等の研究活動を通して習得できる知識を問う問題も出題されており、難しく感じた学生も多かったと思います。また薬剤学の特に製剤分野に関しては、実務に近い形の問題が数問出題されたため、手が止まってしまう学生もいたかもしれません。衛生、薬理、病態、法規、実務に関しては例年通りの対策で対応が可能な程度の難易度であったと考えます。必須予想平均得点率は82%であり昨年の79%と比較するとやや易化していますが例年(約80%)と比較すると同程度の難易度であったと思います。しかし大規模移行年度である第97回の88%と比較すると本年度は82%となっており難化傾向が見られます。

■理論
例年通り難易度は高く、積極法ではなく、消去法で正解を導く必要があるため広く深い知識が必要であったと思います。特に物理では定量問題、図を用いた平衡問題等が出題され苦戦した受験生も多いと思います。また生物では実験問題を出題されており、知識だけでなくその知識を応用する力が必要でした。病態に関しては、遺伝子治療などの近年ホットな領域に関する設問があり、年々新しい領域の問題が出題される傾向があると感じます。法規、衛生、薬理、薬剤に関しては例年通りの対応で合格に必要な特典は可能であったと思います。理論予想平均得点率は59%であり昨年の60%や例年の約60%と比較すると同程度の難易度であったと思います。しかし大規模移行年度である第97回の74%と比較すると本年度の得点率59%は難化傾向が見られます。

■実践
実践問題の傾向は昨年度国家試験と同様に、まさに実践といえる問題の連発でした。また1つの症例に関して問1の答えを用いて問2、3を解く問題も多かったため、問1を間違えてしまうとそのあとの問題も間違えてしまう状況に直面したと思います。逆に言えば問1の解答が分からない場合に問2、問3の選択肢をヒントとして問題を問いたり、解答をあえて分散させることで得点の増加や失点の減少を抑えるというテクニックを用いることも可能です。いずれにしても相当量の知識を有している必要があるので、日々の勉強や病院等での実習での経験を通した知識の習得、またそれらの知識を問題に応じてうまく繋ぎ合わせるトレーニングが必要です。実務予想平均得点率は66%であり昨年の62%と比較するとやや易化、例年の約65~70%と比較すると同程度の難易度であったと思います。しかし大規模移行年度である第97回の77%と比較すると本年度の得点率66%は難化傾向が見られます。

■まとめ

先述しましたが、昨年と比較するとやや易化、例年と比較すると同程度の難易度であり、第97回と比較すると大きく難化していると言えます。また、大規模移行が行われた次年度は更なる難化が予想されます。本年度の傾向的にも昨年と同様に教科書的な知識だけでは通用しない問題が多々見受けられました。これは、臨床現場が即戦力となる薬剤師を求めている証拠です。この問題を乗り越えるためには日々の教科書的学習はもちろんのこと、それらの知識をうまく繋ぎ合わせ効率的に解答を導き出すトレーニングが必要です。また、【百聞は一見に如かず】という言葉があるように病院や薬局の実習で実際に見て、学んだことは定着しやすく実務系の問題を解答する上での大きな武器となります。上記のアドバイスでは教科書的暗記の勉強法を否定したいのではなく、それらの知識をベースとした更なる能力向上が必要であるということをお伝えしたいのです。知識不足の状態で応用問題に挑戦しても正解を導くことができませんし、充実した病院薬局実習を行うことは出来ません。このようにやはり薬剤師国家試験の最重要事項は知識の定着です。早期の定着を図り様々なタイプの応用問題に挑戦することで臨機応変に解答を導き出す力を伸ばすことができると思います。

秋学期の薬物治療学や疾患病態学では、ないでしょうか?とにかく量が多く、大変です。

既卒の方は、大体前期に落としている科目は少ない&前年のレジュメをご存じなので、前期から、後期の手のかかる科目を早めにスタートするといいでしょうね(ただしレジュメが翌年変わる可能性があるので、そこは考慮必要。特に本年度はコロナがあったので、その可能性は大)。アイファでは、留年した方には、前期のうちから、後期の大変な科目の準備も開始可能です。

留年していないなら、その学期のものを全力でこなすのが良いですね。

愛知学院には、総合演習Ⅰ、Ⅱがあります。これと同時にCBTをパスしなければなりません。

CBTレベルは今回模試並みになり、私も驚きました(全国の薬学部4年の上位層も驚きでした。。。)

愛知学院4年は、このCBTだけでなく、総合演習も対策しないといけないわけで。。。

上の先輩がやっていた通りでは、落ちるかもしれませんね。

そうならないように、早めに対策を開始しましょう。

成績優秀な方ほど、環境を手にいれて、確実にスタートします。

4年生後期の、○皮膚科学・化粧品学、○薬局経営学、○地域医療薬局学は、3科目のうち、1科目のみを履修すればよいが、どれを履修するべきか?などということも、今から考えておくべきでしょう。

上位層でしっかりした方は、もう今対策開始していますよ。。。

2021年度・前期正規募集の開始は、3/1~ですが、「この春休みから開始したい」というご要望が全国からありますので、2月の早期募集開始をご案内します。

(特色)
・専属のプロ講師による完全個別・個室指導。
・1人1人の弱点を中心に、基礎から指導。
・2月の間に、環境を整え、早期開始をしておき、3月からのアイファの前期の正規募集開始&4月からの大学開始時までに、大きなアドバンテージを得る。
・他の人に知られずに、自分のペースで通塾可能(プライバシー厳守)。
・大学毎のデータの収集。
・自習は各個室で、朝9~夜10時まで可能(年中無休)。
・コロナ感染防止に最大限の配慮(入室時の検温&手の殺菌実施→完全個別・個室指導なので、3密を完全に避けることが出来、各部屋には最新の空気清浄機設置&授業の前のドアノブ&机&椅子の殺菌も実施。
・校舎のある場所は以下の通り(名古屋本校&大阪校(摂津富田&牧野)&広島校&岡山校&横浜校&大宮校&船橋校)→今後は、仙台校、福岡校、北海道校などを予定
・入塾ご希望の方は、お電話にてお問合せ下さい(代表名古屋校 052-220-5446)
・個別面談&体験授業を実施(完全予約制)
(※面談の時に、学校の成績表などをご持参下さい。)
・次回の募集は後期募集(9月~)になります。
・定員になり次第締め切ります。

横浜薬科大学2・3年の方で、有機化学を復習しておきたい方を対象に個別講座を実施しています(2~3月の間)。4月から学校が開始になる時には、有機化学の授業についていけるようにするためのものです。

横浜薬科では、昨年コロナのため、前期はオンライン試験、後期もオンライン試験でした。2年の有機化学に関して言うと、前期はオンライン、後期は課題でした。これは、非常に厳しい結果を招くのは当然です。反応式など全く分からないなる可能性があり、今後のCBTに全く対応出来ない状況も生み出しかねません。

この有機の復習講座の目標は、以下の3つです。

1.有機の基礎的な専門用語を理解しよう・・・例えば、ルイス式などは、ある意味、高校の内容でもありますが、このような基礎的な専門用語が分からないと、問題の指示が全く分からなくなってしまいます。

2.横浜薬科2年の多くの方が苦手な共鳴構造を理解すること・・・例えば、アクリルアルデヒドやオゾンの共鳴構造を書いて説明出来るようにすると、カチオンやアニオンの違い、電子がどのように移動するかなど矢印の方向も理解出来るようになります。

3.苦手意識を取り除いて、教科書を積極的に開き、該当箇所を検索して、その応用が出来るようにすること・・・最終的には、教科書を読みこなし、活用できるようにすることが出来るようになります。

3月1日から千葉船橋校スタートします。

住所は、「千葉県 船橋市 東船橋1-33-18」
 
総武線の東船橋駅から徒歩4分です。

関東はこれで、「大宮校、横浜校、船橋校」になりました。

現在までの、アイファの全国の校舎一覧は以下の通り。

①名古屋本校
②大阪摂津富田校
③大阪牧野校
④兵庫校(3/1スタート予定)
⑤岡山校
⑥広島校
⑦大宮校
⑧横浜校
⑨船橋校

今後は、仙台校も開始予定です。 今後は、仙台校、福岡校、北海道(札幌)を考えています。東北の方からリクエストが多いので、東北がいいな、と最近考えるようになりました。

増えましたね。2年前までは、4つだったのですが。。。このコロナの中、いい物件が出てきたので、増やしました笑。
リクエストあれば、まだまだ増やしていきますよ。

各大学の生徒さんのサポートを全力で行っていきます。

星薬科大学は、関東地方でよく知られた薬科大学です。レベルも比較的高いのですが、総合大学ではないため、1年時に、一般教養科目が少なく、専門教科に苦しめられます。パターンとしては、大阪薬科と似ているでしょう。

特に大変なのが、有機化学、物理化学、生薬です。暗記することが、1年の後期に集中しています。

なんといっても、進級するには、定期試験の過去問の入手が大事です。しかし1年は、他大学もそうであるように、前期からオンライン授業でした。そのため、前期の健康診断の時、後期の実習の時に、要領よく友人を作らないと、過去問が入手が難しかったでしょう。入手ルート作りが大事です。

前期はYou Tubeでオンデマンド授業。zoomもなし。質問も出来るのですが、たくさん人数がいるため、質問メールが難しいのが難点でした。

1学年で、280人程度今の1年はいて、例年の1年の留年数は10人程度(上に進級するにつれて留年数は増えていきます)ですが、今年は先輩&同級生と人脈を作ることが難しかったため、過去問を入手することが難しく、例年より留年数が増える可能性がありますね。

アイファ横浜校では、現在星薬科大学の方の個別指導を実施しています。遠方にお住まいの場合は、オンラインによる個別指導も可能です。

今年度のアイファでの学習を終え、ほとんどの方が自宅学習に切り替えました。コロナでもしものことがあるといけないからです。外にほぼ出ない状態で、自宅で最期の仕上げを行うことになります。

皆さん、よく頑張りました。あとは、学んだことを、確実に発揮する練習を確認するのみです。

2~4月から入塾され早期から始められた方から、10月頃に入られた方まで、様々ですが、皆さんアイファで履修範囲を全て終わらせることが出来ました。正攻法も裏技も使って、履修範囲を終えました。あとは確認するだけです。

頑張って下さい。

コロナのために、2020年度の横浜薬科の前期&後期が、基本オンライン試験となりました。2年の有機化学Ⅲ(前期)、Ⅳ(後期)に関しては、Ⅲがオンライン試験、Ⅳは課題で済んでしまいました。オンライン試験は、当然本当にご自身だけで受験しているか、怪しいですよね。まして課題になってしまったら、なおさらそうです。

進級だけで見ると、このコロナはラッキーだった、と考えることが出来ますが、日本全国の薬学部生&既卒が受験する国試が今後待っています。これは相対評価です。どこの大学かは当然問われずに、ご自身の点数のみで、合否が判断されることになります。

残念ながら、横浜薬科は、大学のレベルが偏差値で見ても分かるように、全国的にも低いです。つまり相対的に不利なポジションにいるのです。。。

今回のCBTの難易度は、模試並みOR模試より少し難しいレベルでした(通常のCBTは模試よりも数倍易しいレベルでした。。。)今回の国試から新課程ですから、恐らくそれと連動していると考えられます。国試は間違いなく、難化していくでしょう。

今回はコロナのため、横浜薬科は、オンライン試験や課題になってしまったわけで、大学側は、「このまま受験させるとまずい、なんとかせねば。。。」と考えているのではないでしょうか。

横浜薬科の皆さん、特に低学年の皆さん。このままで本当に大丈夫ですか???