リンク集: ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計 スーパーコピー スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー コンテンツへスキップ

アイファ大阪では、神戸薬科大学の多くの方に、専門の講師による、統計の個別指導(統計1(2年次))を実施しています。

公開されている神戸薬科大学の2年次の統計学1のシラバスを参照しますと、確率分布、中心極限定理、統計的推定、検定論、t検定、検出力といった推理統計学の標準事項を網羅しており、しっかりとした内容です。学ぶべき内容は多いと考えられます。

統計学、特に仮設検定などでは、高校までの数学では学ばない独特の考え方が必要です。一方で、大学1年生で学ぶような解析学(テイラー展開、特殊関数、重積分など)も必要であり、高校までの数学の成績が優れていても、統計学は学ぶのが難しいといえます。

 特に初学者がつまずきやすいポイントは、標本統計量の性質や検定、区間推定の考え方だと思います。これらは具体的なイメージを持つこと、すなわち実際に数値例を追っていくことで理解が進みます。また、統計学のうち確率分布や検定論を公式の暗記で突破しようという学生もいると思います、ある程度の暗記は必要なのですが、数学的な理論づけをしっかりすれば暗記量を減らすことができます。講義では以上のことを大切にしています。

2018年の11月から大阪校が始まりました。姫路獨協大学(薬学部)は、偏差値はおよそ32.5~45(普通に考えれば、あの偏差値でどうやって国試を合格できるのか?レベルですね)。普通に考えれば 、日本の底辺レベルの学力校です(北陸大学と第一薬科に並ぶほどの低さ。)姫路獨協大学の方で入塾を希望される方が増えていますが、あまりに大量に落としてしまった教科を(中には全教科を)指導して欲しがる方が多いのが現実です。それは、姫路獨協大学が、失礼ながら、学力的にほぼ全国底辺レベルであること+推薦で低学力の方を大量に受け入れていることが原因であると思います。授業でも、教授が授業しようにも、生徒たちの基礎学力がなさすぎて授業にならない、という本音も聞こえてきます。塾側も全教科落としてしまい、全て教科の指導になるとかなりの負担になります。もしその場合は、十分に対策できるように、早めの入塾を強くお勧めします(間違っても再試一週間前に入塾などは、ご遠慮願いたいと思います。)姫路獨協大学の方に関しては、面談の際にやる気があるかないを問い、ない方の入塾は固くお断りしています。国試が2019年から相対評価に切り替わり、今後当大学の学生の学力を伸ばすことが至難である以上、大学の留年は今まで以上に厳しいものになる可能性が濃厚です。

毎年、アイファには同志社女子の方が多く入塾されています。以前は京都から名古屋校に通塾されたり、オンラインされていましたが、今では大阪校ができたため、そちらに通われています。同志社女子について感じるのは、「推薦入学の方は特に進級が厳しいな」、ということです。つまり推薦だと、基本学力がなくても(中にはものすごく低くても)入塾できてしまいます。実際偏差値では、47.5~55といったところで(河合塾調べでは52.5)、上と下の差が大きいのがこの大学の特色です。

2年の有機化学Ⅱ(前期科目)は、範囲が恐ろしいほどに広く、他の大学(例えば大阪薬科大学で3年生前期の履修する内容まで含まれています!)とは比較になりません。過去問を見ると、大問数が多く、反応機構を書く問題が中心なので、難易度は高いです。やはり有機を本試で落とす生徒が非常に多く、再試験がないため(上の学年が本試験を落とし過ぎたため、有機化学のみ再試が廃止に....)、そのまま落単します。

他の教科のことも簡単に書いておきます。2年の分析化学は少し難易度高め、物理化学は普通、ただし範囲は膨大。

推薦で入塾された方は、1~2年の時から入塾されて基礎学力をつけることをぜひお勧めします。ただしやる気のある方のみの入学を許可とします。これはアイファのポリシーです。

そもそも同志社女子大学(他学部)は、留年にはかなり寛容です。文学部など、他学部においては、そもそも5年前まで、留年制度はないに等しかったのです。それでも他学部は非常に楽ですが、同志社女子の薬学部の授業数は、他学部に比べて、各段に多く、周りの学部が羨ましすぎて、モチベーションが下がっています。同志社女子大学には、薬学部以外は文系学部しかないので、薬学部は他学部生には、異質なものという認識を受けています。期末テストの他に中間テストもあるので、バイトや部活に入る薬学部生が少ないのが現実です。キャンパスライフを楽しむというより、他学部から浮いていて、バイトや部活をする薬学部生が少ないので、孤独にキャンパスライフを過ごしているのが現実ではないでしょうか。

同志社女子大学(薬学部)の留年数は、124人中約10名(2018年度)。数としては抑えられていますが、実際この10名は、ほとんどが何回も留年を繰り返したり、中には退学になってしまうような生徒です。単に留年数が少ないからと、安心するのは危険です。同志社女子大学(薬学部)の留年者は、できない度合いが他の大学の留年生より強いのです。留年になってしまったら、本当に気を付けないと、退学になってしまうかもしれません。特に推薦で入学した方は要注意です。

よくお問合せ時に、タイトルの問いをされます。私は留年する前に、塾に入った方が絶対に合理的と考えます留年したら、一年間の学費をドブにポイ捨てです。それだけでなく、一度留年すると、学習環境が失われてしまうため、留年しやすくなってしまうのです。よく留年して見てから、入塾しますと言うかたがいらっしゃいますが、非常にもったいないと思います。お子様が学年で何番で、留年が前年度に何人あったかを考えるだけで、留年の可能性がだいたい分かると思います。

当初この薬学部を作った時に考えたのが、「留年する前に入塾して、一年留年するくらいなら、塾の学費でこれくらいかかっても、学力がついたし、安く済みましたね」でした。大学に留年して一年分払うくらいなら、極点に言えば、塾に同じ学費を払ってでも、留年を防いだほうがよいと私なら考えます(もちろんそこまで費用はかかりませんが)。しかし、よく考えてみれば、留年しそうな薬学部生にとって、マンツーマンの指導を受けることは得することしかないのが容易に分かります。なぜなら、「無事に進級=国家試験対策→薬剤師国家試験」という全く無駄のないレールに乗れるわけですから。薬剤師という退職のない、一生安泰な国家資格が手に入ります。しかし大学に留年して一年分払ったところで、何のリターンもありません。留年して入塾すると、大学と塾の二重払いになってしまいます。お金というのは、リターンがあるように使うのが上手な使い方なのです。大学に留年費を一年払ったところで何のリターンもありません。塾の費用はこなした分しか課金されない上に、学力が身につき、国家試験に合格する可能性が高くなっていくのです。ある意味、塾での学習=投資と考えることができます。

しかしふたを開けてみると、逆の現象が起きました。ほぼ80%の生徒さんが留年が決まってから入塾するのです。

これには理由がいくつか考えられます。一番大きな理由は、お子様が留年してみないと、塾に行く、と言わないことが大きい理由かもしれません。親の目線で見たら、早く塾には行って、留年を未然に防ぐのがベストと思っていても、本人が自分で留年するまでやる、と言い張ったら難しいでしょう。しかし、もしそうなら、親御さんは、お子さんに、「留年することで、大半のお友達が上に上がってしまうこと、モチベーションが落ちること、過去問が入手しにくくなることなどから、また留年してしまう可能性が増えてしまう」ことを辛抱強く教えるべきではないでしょうか。一年留年すると、学費一年分が吹っ飛びます。さらに一年社会に出ることが遅れるわけですから、給料一年分も吹っ飛びます。さらにキャリア、ノウハウもおじゃんになります。女性で、結婚を考えている方なら留年した分だけ、婚期が遅れることになります。何もメリットがありません。

塾に入るベストの時期はいつでしょうか?低学年であればあるほど良いと考えます。 例えば、愛知学院では昨年2→3年の進級が150人中50人もいるわけです。入学する時に同時に入塾しておくと、確実に留年を防ぐことができます。勉強は自分1人で抱えてしまうことがなく、塾の先生と相談しながら進めることができるため、心理的なゆとりが生まれます。基礎から固めることができるため、履修した範囲のCBTや国試の過去問を解くゆとりができます。基礎が分かるようになるため、大学の授業が分かるようになり、どんどん難易度の高い問題も解きたくなります。友達の質問に答えたり、教えたりできるようになります(教えることはベストの学習です)。友達と教えあいをすることにより、勉強のできる友人との関係も深まい、レベルの高い情報交換ができるようになります。またストレートに進級できるため、友達が失われないため、精神的にも安定します(これが留年してしまうと、同学年の友人との繋がりが失われてしまいます。いったん留年すると、留年しやすくなるのはこのためです。居場所がなくなります。)ゆとりがあるため、長期間の休みをゆっくりととることができ、今年は進級できるのだろうか?という心理的な負担感がなくなるため、親御さんにも塾に任せておけばよい、という気持ちの上のゆとりが生まれ、親子関係がよくなります。難易度が高いと言われる模擬試験を受けても、難なく問題が解けるようになります。

そのような万全な対策をしてきた(=確実な蓄積のある)生徒さんに、ただ過去問の丸暗記でパスしてきた他の方がかなうでしょうか?国試がどれだけ難化しようと、万全であると考えられます(歯科医師国家試験と違い、薬剤師国家試験の作成者側に意地悪な意図はありません。薬剤師国家試験は、基礎がちゃんと分かっているかを問う、しごくオーソドックスな試験です。)

もし留年したなら、今後はストレートでいくために塾に通うことは間違いなく価値はあります。しかしベストは留年を未然に防ぐことではないでしょうか?合理的に考え&行動すべきです。

京都薬科大学は、関西地方において、成績優秀な私立薬科大学です。偏差値も60~58程度で、近畿大学、立命館大学に次ぐ関西の上位大学です。

京都薬科では、2年から3年の進級が厳しいことがよく知られています。新カリキュラムになり、進級が以前より厳しくなりました。2→3年の留年数は、およそ50~70名になります。その代わり他学年が10~20人程度の留年数です。京都薬科で、まず気をつけないといけないのが、1年で留年してしまった場合です。そうすると、2年に上がった時に、学力不足のために、何もしないと、ほぼ確実に留年する図式です。1年は科目数が多いため、何から学習したらいいか分からない生徒は留年しやすい傾向があります。

京都薬科大学の進級基準は独自のものがあります。

京都薬科では、前期・後期の再試験が、それぞれ5個までと決められています(選択科目はここには含まれない)。また、再試験に落ちてしまった場合は、次の年にもう一度その試験を受けられる試験制度が存在します(これを「再々試験」と呼びます)。この再々試験制度を使える科目数は、1、3、4年次は1年間で4つ。しかし2年次のみ2つとなっています。この試験でも落ちてしまった場合は留年となります。

例えば、1年次の前期試験で5科目落としてしまい、再試験で4科目合格して、後期では7科目落としてしまったとします。再試験は5科目しか受けられないので、必然的に2科目は、再々試験になります。再試験の5科目を全て合格すれば、2年次に上がり、再々試験を全て合格することが出来たら、2年次となります。

これと同じ状況が、2年次の試験で起こったとします。2年次の再々試験の上限は2個なので、この時点で単位を貰っていない専門教科ができることになります。よって、留年となってしまうのです。

2年次では、専門科目が増え、試験の内容もより難しくなることに加え、再々試験の上限が少なくなるので、留年数が増える傾向にあります。

2年次の進級が無事にできれば問題ないのですが、これが難しいのです。再々試験の科目数の上限が2年だけ2科目になっているということは、大学側に2年次での進級を抑制させようという意図があると見ることができます。実際、留年数を見てみると、50~70人の範囲で、毎年2年次の進級の留年数が出ています。これは数として見た時に、大きい数です。

京都薬科は幸い、上位校なので、2年次での進級の難関させ超えれば、後はスムーズになります。この意味で、金城学院とは違います。金城では、進級は楽ですが、最後で非常に苦労します。「最初に苦労して後は楽するか、逆か?」ということですね。私なら前者を選びたいですね。

京都薬科は上位の薬学部なので、1年でゆとりをもって進級できるようにして、最も厳しい2年次の進級ができさえすれば、後は後は比較的楽に進めるでしょう。

「物理、化学、生物を教えて欲しい」という要望が最近多いため、当予備校の専門家に特別依頼して、個別講座を開講することにしました。物理、化学は主に低学年を長年担当してきた専門講師。今までに指導した生徒で再び落単した生徒はいません。薬学部の1年時の、物理、化学は医学部、歯学部と異なります。薬剤師国家試験の指導において、当予備校で指導を頼まれる主要教科は、なんと物理なのです。(物理選択をしないで大学に入学しているのが大きな要因です。)生物担当講師は、国公立の研究室で長年研究していて、長年当予備校で指導に当たってきている講師です。大学の定期試験の過去問の研究にも熱心にあたってもらっています。、

また統計学も教えて欲しい、という要望も多いため(特に関西地方に多い(過去問の傾向と出題が異なることがあるため))、当予備校の専門家に特別依頼して、統計学の個別講座を開講することにしました(当予備校では、統計の指導は以前から行っていましたが、要望が多いために、今回独立して専門講座としました)。

当予備校の統計の専門講師は、日本アクチュアリー会の数学資格を有しています。アクチュアリーは金融関係に著名な資格です(全会員5000人程度)が、一次試験で数学&金融関係の科目が四教科、二次試験もあり、パスして会員になれるものです。一次試験で一教科のみ合格が3000人ぐらいいます。全教科をパスしているのが、2000人ぐらいです。またこの講師は、統計検定の一級も有しています。検定は最優秀の成績でパスしました(毎年実施され、最優秀は約10名程度)。今までこの講師が当予備校の統計の指導にあたってきていて、再度落として生徒はいません。国公立の大学院の方に数学&統計を指導もされています。統計の専門講師は非常に数が少ないので、予備校として、その専門講師がいるのは心強いものがあります。

統計は、論文でデータをまとめたりする上で、避けては通れないものです。統計を駆使することで、AIを自分で作ることも可能です。これからは、AIを恐れる薬剤師ではなく、AIを駆使できる薬剤師が必要とされているのかもしれません(これは医師も同じです)。

実は統計学は、専門的&難解な学問で、標本、確率、正規分布(ポアソン分布による近似)など、抽象的な概念がてんこ盛りです(実は指導する側も大変です。)医歯薬学部では、全て統計学を履修する必要があり、数学ができるだけでは攻略できないのが、統計学の難しさです。当予備校では、ご希望の方はお早目にお問合せ下さい。