リンク集: ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計 スーパーコピー スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー コンテンツへスキップ

さて、さきほど今年の国試で、連絡待ちをしていた生徒から連絡がありました。無事65%を超えていたそうです。海外旅行に行っていて、連絡するのを忘れていたそうです。試験結果は、こちらからなかなか聞く気持ちになれず、待ちで正直連絡がないと、ダメだったのかな?と心配してしまうものです。よかった、よかった。これで、本予備校の今年の国試は全員合格になりました(自己採点でミスしていれば別ですが)。まだ正式の発表はまだですが、皆さん旅行したり、寛いでいます。3月最後に歓送迎会を開く予定です。

再試に落ちていたと思っていた生徒さんが受かっていました。本日連絡がありあした。嬉しいですね。よく頑張りました。他の生徒さんも、進級パスの知らせが来ています。学校によって、基準に違いがあるため、一概には言えませんが、やはり進級支援は、普段の努力が最も実るところと言ってもいいかもしれません。今年は、金沢校が開校したので、地元だけでなく、北陸大学の薬学部の方からの資料請求やお問合せが増えています。やはり対面式の授業を受けたいという表れなのでしょうか。

ほとんどの大学で、後期試験の本試が終わった頃だと思います。一般的には2月の最初頃に結果が出て、2月の中旬に試験というところが多いのですが、愛知学院は早くて、もう多くの科目の結果が発表されていて、2月の最初から再試が始まります(早いですね!)。当予備校の生徒の結果は上々で、若干再試になってしまった教科はほとんど自分でやれる教科ばかりのようです。

当予備校の、生徒たちには、「学校が始まったら予備校の授業をスタートして、テスト前には、予備校の授業の回数を増やして、再試にしてよいのは、自分で対処できる科目だけにしておき、長期休みは予備校に通わずに、完全にオフにして楽しむのがいいですよ」、と入塾面談の時に言っています。やはり上手な勉強は、「他の人が休んでいる時に仕込んでおき、他が焦っているときには、リラックス&ポイントを絞って」というペースがよいようです。逆に普段勉強していないと、テスト前に焦ってしまい、やっても身に付きませんし、どうしても落としてはいけない科目を再試にしてしまったりして、長期休みを再試の対策に費やすことに使ってしまいます。すると疲れがたまり、休みがないまま、新学期に突入となってしまいます。

偉そうなことを書きましたが、私も締め切りが迫らないとなかなか、取り掛かれない性分なので、生徒の姿を見ながら、自分を戒めている最近です(笑)。

 

 

さて、愛知学院で後期のテスト結果が発表になりました。今年だけでなく、例年大量の生徒が落ちるのが、以下の2科目です(有機化学を除く)。愛知学院の生徒が、入学してから、初めて出会う、内容の重い、本格的な論述式のテストです。進級には、以下の2教科を合格するのが重要でしょう。

※薬物作用学Ⅰ
※機能形態学Ⅱ

〇上の2教科に共通するのが、単なる暗記が通用しない科目であることです。理解→応用が必要です。

〇論述の練習もしなくてはなりません。「薬学的観点から書く薬理作用とは~」「薬物作用の分子メカニズムとは~」。このような論述は、ポイントをおさえた上での論理的な書き方が必須。また書く練習が、知識の整理にも繋がります。学校の集団授業では、人数が多いため、なかなか個別に指導ができませんが、当予備校では、個別で記述の添削を毎回可能です。当予備校の生徒は全員、上記2教科のテストをパスすることができました。

 

 

推薦で既に入学が決まった方は、大学に入れたので、ゆっくりしている頃かもしれませんが、推薦で入学された方は、残念ながら基礎学力が足りないため、留年しやすい状態にあります。現在では、大学1年でも当予備校に入塾する方が増えています。一般教養の化学・生物・物理の指導を求める方が大半です。ですが、理想は、4月の入学前に、高校の理科科目を一通り復習しておくことです。

高校理科を復習しておくだけで、入学後の学習がスムーズになります。高校理科の知識が定着していないと、大学1年でも留年してしまいます。2017年には、2~6年は当たり前ですが、多くの1年で留年してしまった方が入学しました。1年で留年したら、2年以降が思いやられます。1年生での留年は間違いなく、高校理科の知識が定着していないためです。早めの対策が留年を未然に防ぐのです。学校が始まってしまったら、落ち着いて学習するのは難しくなります。

 

化学…理論化学&有機化学

生物…特に生態系

数学…微積分(物理・化学の計算問題で必要となる)

物理…微積分を用いた計算問題

薬学部の国試対策・進級支援 完全個室個別対応

 薬剤師国家試験の難化に歯止めがかかりません。薬学部、特に私立薬学部では、新規の生徒数を確保するために、国試の合格率を上げなくてはならず、進級基準を以前とは比較にならないほど難化させています。「進級は簡単」は過去の話で、「進級できるなら国試は受かる」という流れになってきているのです。

 今、薬学部が6年制に移行するときに設立された新設校の多くは試練にさらされています。旧課程において、化学Ⅱが大学入試に指定されていなかったため、生徒はなんと履修しないまま入学しているのです。化学Ⅱは薬学部で学ぶ学問を理解するには最低条件のはずです。

 また基礎学力が定着しないまま、専門の学習をしてしまっているため応用が効かず、いったん留年すると繰り返す傾向があります。

 当予備校では、プロ講師による完全個室個別指導を実施しています。生徒一人一人に合わせたオーダーメイドのカリキュラムを実施するという理念を求めた結果、このような形態に至りました。

 「集団では自分は合わない」という方に完全個室個別授業はぴったりです。完全個室の個別指導ならば、どれだけでも質問でき、自分のペースで学習ができます。国試で必要とされている問題を解く上で必要な「理解」に繋げる学習に切り替えることができます。また完全個室なので、プライバシーは完全に守られます。「進級のための学習なので、できれば友達に知られずに通いたい」…このような生徒さんの要望にちゃんとお応えできるのも、完全個室指導ならではです。この学習スタイルこそが、アイフア名古屋の高い実績を生み出す基盤となっています。

 

 

6年になって、基礎が定着していないと、とてもではないですが、国試の問題は解けません。当然、卒試や国試の合格は厳しくなります。やはり5年までに、基礎(特に基礎系科目)を固めておく必要があります。5年の実習の間にも、実習ばかりだけではなく、定期的に時間を作って学習を進めておくべきです。6年になり、大手予備校の大学に介入した授業を受けても、集中した内容であることと、個別には行われないため、基礎の育成&確認とはなりません。さらに、国試浪人してしまったら、それこそ基礎を定着させる機会は失われ、丸暗記→不合格→記憶のリセットの繰り返し=多浪となってしまいます。毎年同じことの繰り返しで、最悪薬剤師にはなれなくなってしまいます。こうならないように、5年までに、基礎はちゃんと定着させましょう。

 

 

CBTが終了し、当予備校でも合格の知らせが数多く届いています。皆さん頑張りました。

CBTの意義は何でしょうか?CBTでは全教科・全範囲をやります。しっかりとやっておくと、「苦手な科目、自分が強化すべきところが見えてくる」というのが、1つ目の大きな意義ではないでしょうか。CBT学習を、単なる作業にしてしまうと、国試の学習でも同じことをしてしまう恐れがあります。このことにより、国試の対策が間に合わない/苦手分野を克服しきれず、本番を迎えてしまうかもしれません。

CBTの2つ目の意義には、ここでの学習が5年次の実習をより有意義にさせてくれるといった点があります。特に、薬理を事前に深く学ぶことで、実際の医療現場で出会う多くの医薬品に尻込みせず、薬物治療や、様々な疾患をより深く学べるでしょう。さらに現場での学びが、臨床系の問題が増加する国試対策の合格に直結するのです。つまりCB Tをしっかりと勉強しておくと、5年での実習がより有意義になり、その体験が国試の合格に繋がるということです。

CBTを積極的に活用して、国試により合格する流れを作りましょう。

 

某大学の薬学部の生徒さんを指導している講師たちからよく言われることですが、有機化学の反応機構が書けない方が多い印象です。これは2、3年の授業で指導がされているはずですが、書けない方が多いということは、そこまで大学で求められていないからでは?と思われます。有機化化学の進級基準が甘いため、本当はできていなくても、進級できてしまうという図式ではないか、と思われます。 反応機構が理解できないと、CBTや国試において、大きなハンディを負います。

〇有機化学が全く理解できなくなる→有機化学が、ネックで国試に落ちてしまう人が多い。CBTや国試で点数を取るには、ただの丸暗記ではなく、有機反応が、「分かる」「書ける」必要がある。

〇万一国試浪人してしまった場合に、反応機構が書けないと、大手予備校では、個々に指導はできないため、勉強が単なる暗記になってしまい、何回も国試浪人を繰り返す可能性あり。 やはり反応機構を中心に学ぶ有機化学ⅠやⅡは、2、3年の定期テストの時に、「分かる」「書ける」レベルまで鍛えておくべきでしょう。定期テストを単なる過去問の暗記で済ませないようにすべきだと思います。

この反応機構が弱いのは、その大学だけでなく、多くの私立薬学部にも共通していることです。私立大学の多くでは、2、3年の時に、「理解するより、覚えなさい」、という指導がされることが多いようです。それが証拠に、定期テスト反応機構の記述が求められるのは、名古屋市立などでは厳しく問われますが、私立薬学部では、あまり行われていないようです。「国試やCBTでは、選択問題で問われているから、定期テストも記述は必要なく、ただ暗記すればよい」というような表層的な考えが私立大学側にあるかもしれません(あとは生徒数が多いため、採点が大変という現実的な理由があるのは間違いないです)が、それでは応用問題が増加している現在の国試に確実に合格するのは厳しいのかもしれません。定期テストの学習の仕方を単なる暗記から、脱出する時期が来ているのかもしれません。