リンク集: ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計 スーパーコピー スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー コンテンツへスキップ

すでに本試の結果が出揃った大学もありますが、今面談している感触ですと、多くの大学で全て出揃っている状況ではない感じですが、面談のお申込みを多く頂き、平日でも面談が非常に多い状況です。

やはりネット授業→対面試験に対する学習の困難さが出てきている感じがしますね。

驚くべきは、非常に成績が良い方々も、この再試対策をきっかけに数多く入塾されているということです。

成績がよい方々は概して「まだ結果が出ていないが、落ちている可能性が高いから」ということで、今回の再試対策からお申込みをされ、入塾をされています(本当に賢いです。。。) 成績がよい人ほど慎重に準備する傾向は大学受験でもやはり変わりません。。。もともと学力がある方が、慎重に準備されて、何年も学習を重ねられて、国試を受けられたら、成績が下位の方は本当にきつい結果になるのは、容易に予測出来ます。

また他方、ネット授業についていけず、数多く落としている/いそうな方も(現段階で全て結果が出揃っていないため)も多くいます。

学力の二極化を起こしている感じがしますね。。。

現段階では、摂津富田校での面談が特に急激に増えています。摂津富田校の再試対策枠は残り枠少なくなってきています(8/12現在)。

昨年はコロナ初年度で、大学側も課題や簡単なオンライン試験で通してしまったりと、昨年のデータがあまりあてにならないことが多い印象です。実際に大学の定期試験の傾向も、一昨年前に回帰しているところが多いようです。

本年度は、その意味でも塾生さんたちからいろいろと過去のデータのリクエストがあり、ほんの少し疲れてしまいました。。。(いいことですが)。そのためか、塾生の皆さんは、かなり満足のいく成績を取れているようです。再試のために授業を入れて欲しいというリクエストもほとんど聞いていません。(ゆとりが感じられます。。。) 成績のいい方は、今後期のテストの聞き取りをするなど、すでに準備を開始しています。大学入学後の進級においては、学力差とは、情報戦=人脈力=環境を獲得しているか?ですから、その意味でも、当予備校の生徒さんたちは、恵まれた環境にいると言えると思います。

~前期の定期試験について~

無事に進級する上での基本的な考え方は、「前期で落とすのはありえない」ということです(基本的にです)。本当に大変なのは、後期なわけで、前期でもし数多く落としてしまっていたら、それは留年へのリーチとなってしまいます。もし前期に大量に本試を落としてしまっているなら、しっかり対策をして、再試で何がなんでもパスさせなければなりません。

やはりいい結果を出すには、普段から、早めに準備をする形が大事ですね。今回入塾頂いている再試対策の方々も、二学期以降も継続的に受講をして頂き、留年を未然に防いで欲しいと思います。

当予備校は、長年運営していますし、全国の薬学部生が数多く在籍しています。よって情報が豊富にあります。上手に活用欲しいですね。

全国の各校舎での面談は、名古屋校教務が統括しています(052-220-5446)。またオンラインでの面談も可能です。

再試対策頑張りましょう。

アイファ岡山校は以前は、北長瀬駅近くにありましたが、今回岡山駅近くに移転しました。

移転先は、岡山駅東口から徒歩約8分(岡山県岡山市北区東島田町1丁目1-8 YS島田 202号室)です。

岡山校は、昨年開校しましたが、人数が急激に増え、教室が人数を収容できなくなった&岡山駅に近い方がよいというご要望が出てきたので、今回それにお応えした形になります。

現在、主に通塾されているのは、就実大学、姫路独協大学の方々ですが、オンライン授業のため、岡山に帰省されている大学の方もいらっしゃいます。また既卒の方々もいらっしゃいます。

オンラインでの受講も実施しています。

各大学の科目の傾向に応じて、指導を行っています。

1年から既卒までご利用可能です。

面談&体験のお申込みはお電話にて。

なお、お電話は、名古屋校教務が、全国の支店を一括統括しています。こちらへどうぞ。代表 052-220-5446

アイファでは、次回のCBTに向けてCBT対策を実施中です。

アイファでも、4月から実施している方は順調ですが、今でもCBTお申込みがあります。

2,3年の基礎系科目の基礎を学び直しが出来るのは、今回のこの4年が恐らく最後であり、5年で基礎を学ぶと言っても、せいぜい実習までであり、6年になってから、基礎を学び直すのはほぼ不可能でしょう。

またCBTは当然パスすべき試験であり、どのくらい余裕を持ってパス出来るかが大事です。それを見ると、今後、卒業試験→国試と進んでいくなかで、はたしてストレートでいけるかどうか分かるからです。

国試も結局、この基礎系科目が大きく難化しているから大変なわけであり、このCBTをただパスすればいい、と思うのではなく、そういう意識で取り組めるかが大事です。

9月にCBT模試があり、結果は出るでしょうが、その時から焦って基礎系科目を始めたのでは遅すぎます。国試の難化とともに、CBTも難化しています。

また、大学などで、大変な科目があれば、アイファでは、そちらのサポートもして、今CBTに集中して取り組める環境作りをしています。そうでないと、本末転倒の結果になってしまう可能性があります。

残された時間を有効に使って、CBT対策をしましょう。

6月も後半になりました。前期学期末テストの直前対策個別講座の外部のお問合せが急に増えてきました。

例年よりも、今年はお問合せが多い印象です。

本年度は基本授業はオンライン(あるいはハイブリッド)、試験は対面型の大学が多いのではないでしょうか?(今後の状況によっては、オンライン試験も増えるでしょう。)

昨年は、コロナ下一年目で、進級に関しては、簡単なオンライン試験、あるいは簡単な課題で済んでしまったところが多かったのですが(昨年は進級に関しては非常にラッキーな年でした)、今年は逆に、厳しくなることが予想されます。課題なども大量に出て、そのために、本業の学習に集中できない傾向も全国的に増えてきています。オンライン試験においても、昨年は一年目だったので、簡単だったのですが、今年は大量の問題で、さらに重箱の隅をつつくような問題を出す大学が増えているようです。

まだ試験まで約1か月ほどあります。集中的に対策をして、留年を未然に防ぐほうが得策ではないでしょうか?再試になってしまって対策をするとなると、大量に落としてしまった場合、手がまわりません。また本試で低い点を取ってしまった場合、再試を受けれない可能性もあります。

ご自身一人で抱え込まないで、タイミングよく、要領よく、切り抜けることが大事でしょう。

中間テストがある大学は、そろそろ終わったころですね。いかがでしたでしょうか?

今回中間テストがなかった大学は、学期末にその分大変になります。

中間テストがいまいちだった人は今から、学力の「貯金」をしていきましょう。前期は全て通すのが、進級の基本です。前期で落とすのはありえません。

昨年コロナとなり、前代未聞のことでしたから、進級に関しては、恐らく昨年は、生徒にとっては非常にラッキーな年だったはずです(オンライン試験や課題で済んでしまった(専門)科目多かった/国試も既卒は昨年は絶好のチャンスでした)。逆に言うと、昨年留年してしまったら、他の人以上に、気をつけないと、今後が危ういということになります。

しかし今年は、どの大学でも、ハイブリッド型の授業(あるいはオンライン型)→対面型の試験という流れはもう出来てしまっています。オンラインだとどうしても、怠けがちになる人が多い。その状態で、対面型の試験実施。しかも国試でも、今年は新カリキュラムの2年目。。。試練の年になると思います。

このままだと、今年の後半にかけてピンチな人はますます増えるでしょう。そして来年は留年激増。。。

せめて自分だけはそうならないように、自分は自分で守る意識を持ち、出来る限り留年は未然に防ぎましょう。

当然ですが、卒業試験にパスしないと、国試を受けることは出来ません。しかし、卒業試験の対策をし過ぎて、国試対策がおろそかになると、卒業試験はパス出来ても、国試で落ちてしまう可能性あり。浪人になる方の多くはこのパターンではないでしょうか。卒業試験と国試対策のバランスを保つのは、学力が足りていない現役生には結構難しいと思います。

アイファの卒試&国試の個別指導は以下のように実施しています。

〇まず卒業試験の過去問を年度毎に分析して、国試に頻出している箇所を洗い出します。そこから重点的に学習していきます。

〇本年度は、新カリキュラムになり、2年目の国試となりますから、難易度&合格率とも昨年度の比にはならない可能性があります。昨年と同じ基準で考えていると、本年度合格するのは、成績が足りていない人には難しいかもしれません。

〇残された時間が限られている以上、一人一人にオーダーメイドカリキュラムを作り、卒試&国試のバランスをとった指導をしています。

本年度は、広島地区を中心に、入塾者がさらに増えました。

広島には、安田女子、広島国際、福山大学があります。

どの大学も、大学の授業密度は非常に濃く、特に生物系の科目がついていくのがしんどい状況のようです。

広島国際に関しては、1年の一般教養から大変で、進級するにつれて、ついていける生徒数が激減するのも分かります。

現在は、緊急事態宣言中ですから、オンライン(zoom)での個別指導になります。

大学は、オンラインでの集団授業→対面試験となっていくと思われます。今年度、留年してアイファに入塾する生徒さんをみていると、例年よりも落とす科目数が激増している印象です。

中間テストであまりに低い点数をとってしまうと、以後挽回は難しくなってしまうかもしれません。

万全に備えましょう。